NEWロッド「チータ R3(アールスリー)」で連発

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

前回のレポートでも報告した通り、今年の秋シーズンはかなり遅れ気味の雰囲気です。
急に冷え込みがキツくなって気候はやっと晩秋~冬の気配になりましたが、海の中はまだ秋ですね!
この時期なら姿を消しているはずのサヨリがまだ居ます。
そのサヨリにボイルしているシーバスを、NEWロッド「LUXXE チータ R3(アールスリー) 96MH」で狙いに行きました。

191201_miyazaki_01.jpg

サヨリのボイルは、よくよく観察していると何かしらの「拠り所」で起こります。
ほんの少しでも「変化」のある所を拠り所としているケースが圧倒的に多く見られます。
変化というのは、例えば明暗であったり、カケアガリであったり、流れのヨレであったり...というものです。
しかも、その変化とは「ブイが浮いている」とか「大きめの石がある」という、人間にとっては大きな変化とは思えないようなモノであっても、それが拠り所となっています。
シャローフラットであまり流れが無いような場所であれば、ブイが浮いていたり、大きめに石があったり、ほんの数センチのボトム起伏であっても、それはシーバスがベイトを追い込むために使える要素の1つとなり得ます。
ベイトを追い込む要素として水面、流れ、明暗、カケアガリ、そして上記のようにその他にも要素の1つとして拠り所にしそうな小さな変化...それらの要素がより多く重なり合っているポイントであればあるほど、シーバスからのコンタクトは多く得られます。
ただ闇雲にボイルが出たところにルアーを撃ち込むだけでは、再現性の高いコンタクトを得ることは難しいです。
一般的に難しいとされるサヨリパターンの攻略には、シーバスの気持ちになって考えると(?笑)答えに近づくと感じています!

さて、前置きが長くなりましたが、今回はサヨリにボイルしているウェイトの乗ったコンディションの良いシーバスが相手で、なおかつ「拠り所」となる要素のフルセットのポイントで、すなわち気を抜くと即ラインブレイクというリスクの高い釣りになります。

191201_miyazaki_02.jpg

早々に中型がここぞというピンスポットでヒットしました。
このサイズなら、LUXXE チータ R3(アールスリー) 96MHで余裕残しのランディングに成功。
フックもGamakatsu ツインSP MH(ミディアムヘビー)なので、更にこの釣りへのマッチングが向上します。

すぐリリースしてキャストを再開すると、今度は思いがけず至近距離でヒット!
不測のヒットにもロッドが追従してくれて救われました。
重量感のあるランもLUXXE チータ R3(アールスリー) 96MHのバットがガッチリ受けとめ、主導権を取り直してランディング。
丸々としたプロポーションのウェイトのある良型でした♪

191201_miyazaki_03.jpg

LUXXE チータ R3(アールスリー) 96MHは前作のRRより、更にフィーリングや基本性能が良くなっていますね!
キャスト感、パワー、追従性のどれをとっても高次元で、なにより癖が無く非常にバランスが良いです!
ということは、汎用性も高いということで、シーバスロッドとしてだけでなく、様々なシーンで活躍してくれそうなロッドです!

今年の冬も「暖冬」との長期予報が出ていますね。
寒い時にはしっかり寒くなってもらった方が釣果のためには良さそうですが...そろそろ秋シーズンも終盤、どう影響するのでしょうか?

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE チータ R3(アールスリー) 96MH
フック:Gamakatsu ツインSP MH(ミディアムヘビー)