ティガロとツインフックの多様な有効性のひとつ

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

例年ならとっくにサヨリがザワザワしてるはずが、やっと先日から姿を確認できたような状況で、前回のレポートでも言及しましたが、今年は大幅に「遅れ気味」です。
年々感じることですが、海が様変わりしていってるように感じます。
海況が違ってくれば当然、今まで当たり前のように成立していた釣りが成立しなくなることも。
そんな中にあって、微力かもしれませんが、せめて我々アングラーとしても出来る範囲内のことをして「釣り」の対象である魚という【資源】を少しでも守れるように心掛けていきたいと思っています。

191026_miyazaki_01.jpg

資源をなるべく減らさないという観点では、リリースというのも1つの手段ではないでしょうか。
リリースする上では「元気なうちにリリース」「魚体になるべくダメージを与えない」といった点に留意しています。
その点、LUXXE リフレックス ティガロ 96MHとGamakatsu ツインSP MH(ミディアムヘビー)のコンビネーションはすごく有効です!

191026_miyazaki_02.jpg

LUXXE リフレックス ティガロ 96MHで余裕のあるファイトをしてシーバスが元気なうちにランディング。
そして、フックポイントの移動がほぼ無いGamakatsu ツインSPでなるべく魚体へのダメージ軽減します。
単なる自己満足の範疇かもしれませんが、こんなスタイルで臨むことが多くなりました!

191026_miyazaki_03.jpg

今シーズンもそんなことを意識しつつ、でも良いシーバスもたくさん釣れて...と願望だけは高くやっていきたいと思います!(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu ツインSP MH(ミディアムヘビー)