島根半島ヒラマサキャスティング

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月某日
■場所 ・・・ 島根半島

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

桜の花が咲く頃、本格的に開幕する島根半島の青物キャスティングゲーム!!
今年は暖冬だったことも影響してか、例年よりもかなり早い時期からトップに反応が出ていました。
しかし、風の強い日が多くてなかなか海に出られない日が続いてモヤモヤが溜まっていました。
島根半島の青物キャスティングゲームで、私はヒラマサをメインターゲットとしていますが、今年は例年に比べて鰤が多いように感じています。
何故かは全く分かりません。(爆)

190426_hamada_01.jpg

島根半島での青物トップゲームにおいて、メインで使用するロッドは、LUXXE オーシャン トップギア 79H。
このモデルの特徴は、大きなプラグから小さなプラグまでをしっかり遠投できることは勿論、プラグをキレ良く動かすことが可能なところです。
パワーの高いロッドの中では重量も軽いので、集中力を切らさずに一日中投げ倒したり、狙ったアクションを吹き込むことが可能です。
私も20~30歳代はGTゲームでガチガチのヘビータックルをブンブンと振り回していたのですが、近年はしなやかなこのモデルが身体にとても優しく調子良くてお気に入りなのです。

そんな中、海の天候と私の休みがバッチリと合ったので、友人2人と私の操船で島根半島に出掛けてきました。
この日は土曜日ということもあり、島根半島沿岸は何処へいっても漁船や、プレジャーボートだらけ。
さらに潮の流れも悪く...風も真反対で何かヤバイ雰囲気でした。(^_^;)

190426_hamada_02.jpg

何とかキャスティングでグッドサイズのヒラマサをキャッチしたいと岸近くの小場所をまわり、プラグも見切られないように、キレを重視したルアーを選択!!
この作戦が...大・正・解・!!
プラグへのアタックも多数拾うことができ、私も納得サイズのヒラマサをキャッチできました。
友人たちもヒラマサを複数キャッチしたり、大型でラインブレイクありとキャスティングゲームをしっかりと楽しむことができたようです。

190426_hamada_03.jpg

今回、プラグのトレブルフックにチョイスしたのは、Gamakatsu トレブルSP XH(エクストラヘビー)。
このフックは刺さりと強度が抜群なので、シャローでドラグを出さずに強いトルクを掛けても何の不安もありません。
皆様も是非、お試しくださいね。
近いうちに、またオフショアキャスティングに出掛けますのでレポートします。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE オーシャン トップギア 79H
リール:8000HG
ライン:PE4号
リーダー:ナイロン 80lb
フック:Gamakatsu トレブルSP XH(エクストラヘビー) 2/0、1/0
ルアー:ジェッツ170F、ロケットダイブなど