ティガロでパワーファイト!

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月某日
■場所 ・・・ 大橋川

皆様、こんにちは!!
LUXXEスタッフ浜田恭です。

ようやく寒波到来...ということで、私のホーム山陰エリアも本格的な冬に突入。
今回は少し前にグッドサイズのシーバスを狙いに出撃した大橋川の釣果情報をお伝えします。

181223_hamada_01.jpg

コノシロやサッパなどのベイトがポイントに入っていれば、高い格率でグッドサイズのシーバスに出会えるのが大橋川の魅力。
近年はランカークラスのシーバスを狙って、遠征で大橋川を訪れるアングラーも増えてきました。
下げ潮に合わせ、夕方からポイントにエントリー。
ウェーディング開始です。
潮が良い感じに流れてベイトも入ってスゴく良い感じ。
レスポンダー149Fをキャストし、ドリフトでサブサーフェスを探り始めた数投目に狙いどおりヒット!
幸先良くグッドサイズをキャッチに成功しました。

181223_hamada_02.jpg

その後、潮もベストでフィーディングに突入してからはルアーを選ばず、次々とシーバスが反応します。
一緒に入った友人も次々とロッドを曲げ、グッドサイズのシーバスをキャッチし、テンションもMAX!!(笑)
しばらくして細長いプラグに反応が渋くなったので、SAPPA86を投入しました。
すると、さらにプチラッシュに!!(笑)
ミノーに反応しなかったグッドサイズを複数キャッチすることができました。
潮が緩んで反応も渋くなったところで大満足でストップフィッシング。

毎度、当然のことながら、T.G.Wを採用したトレブルフックに交換しているので、LUXXE リフレックス ティガロ 96MHのパワーをフルに活かし、ガチンコラフファイトを堪能することができました。
このようなフィーディング中に連続でグッドサイズとラフファイトをしても、ベンドが開いたり、フックポイントが甘くなることも皆無。
こういった「ゾーン」に入ったときって、そのままのフックを使い続けざるおえないですよね。
そんなときにこそ、信頼の品質と強度がモノを言います。
T.G.Wを採用しているトレブルフックは確かに高価ですが、このようなときほど交換しておいて良かったと価値が出てきます。
フックはシーバスタックルの中でも唯一、魚との接点で最も重要なパーツですからね。

181223_hamada_03.jpg

皆様もLUXXE リフレックス ティガロとGamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー)もしくはGamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー)を合わせて使用してみてください。
きっと、その違いを体感できると思います。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
リール:4000HG
ライン:PE 1.2号、25lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#5
    Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) #5
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L