小場所をランガン

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

今回は中海の小さなシャローワンドや、水路など潮通しもボチボチなアングラーで混み合うこともない小場所を、デイとナイトで回ってきました。
ベイトが入っている場所を探してまわって、1匹のシーバスと出会うところが小場所の醍醐味です。
このような場所でキャッチしたシーバスはサイズに関係なく、嬉しさを感じることができますからね。

181222_hamada_02.jpg

比較的、ロングキャストが必要となる場所もあるので、ロッドはLUXXE リフレックス ティガロ 98Mを使用しました。
PCS採用のブランクスはキャスト時の捻れが原因で発生するブレを極限まで抑制してくれ、復元も早いのが特徴です。
これにより、ルアーを遠くにキャストできるのは言うまでもなく、正確に狙ったところへプレゼンテーションできることが特筆すべき部分です。
キャスト時に左右にブレて思ったスポットにルアーを運べない...なんて悩んでる方も多いと思います。
それはロッドが影響してることも多いので、そんな悩みをお持ちの方に是非、試して頂きたいロッドです。
ビギナーの方でも、特に力を必要とせず思い通りのロングキャストが可能になると思います。

さてさて...当日の状況はというと、まずはデイゲームからスタートしました。
しかし、何ヶ所か回ってもシーバスからの反応は皆無...。
集中力を切らさないようにワームのスローリトリーブを続けていると、コンッっと待望の反応があり、何とか小さいけど一本キャッチ!!

181222_hamada_03.jpg

その後はマゴチを追加しただけでデイゲームを終了。
ナイトゲームに備えて一旦休憩することにしました。
シーバスの反応は少なかったものの、ベイトの多い場所は見つけることができたので、十分、収穫があったデイゲームでした。

完全に陽が落ちるのを待ち、ナイトゲームスタート。
日中、広範囲に散らばっていたベイトがショアライン近くに固まって、何やらシーバスの気配があります。
ベイトはイナっ子と確認していたので、9cmクラスのルアーをトレースすると...すぐにヒット!!
幸先良くシーバスのキャッチに成功。
苦労したデイゲームがこれで報われたって感じですね~。

181222_hamada_01.jpg

その後は1時間ほど頑張ったんですが、続かずストップフィッシング。
釣果的には大したことはありませんが、大爆釣の後のような気分で大満足の釣行でした。(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 98M
リール:3000HG
ライン:PE1号、フロロ20lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4