新たなスタンダード「ツインフックシステム」

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

先日のレポートで「この時期ならヒラスズキの方が釣れるのに今年は全然釣れない」と書いたところでしたが...居ました居ました、ヒラセイゴ!
まぁまぁなサイズも、混ざってくれて上々です。
ヒラばっかりかな?と思っていたら、突然ソコソコなサイズのマルもヒットしてきました♪

181002_miyazaki_01.jpg

当地ではヒラスズキが釣れることは珍しく、釣れる時期や場所も限定的で、釣果としては貴重なのでサイズ問わず嬉しいです。
釣れるサイズはMAXで60cmぐらい。
一昔前まではヒラスズキなんて釣れなかった場所で釣れたりすることから、水温をはじめとする海の環境が変わってきているのかもしれませんね。
そう思うとちょっと複雑です。
我々アングラー側から何かできることを少しでもしないといけないな、と改めて感じたりします。

さてさて、ヒラスズキのバイトの感触はスピードが速くて硬く弾きやすく、尚且つマルよりも引きのピッチが細かく筋肉質で、ヒットした瞬間のエラ洗いの首振りも速いのでバレやすいと感じています。
このヒラスズキの特性の対策にも、ツインフックシステムのGamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドがバッチリですね。

181002_miyazaki_02.jpg

もちろん、ヒラスズキだけでなく、マル(特に大型)に対してもメリットだらけです。
ダブルやトレブルと違い、シングルを2本並べた形状でそれぞれのシングルフックが稼働します。
要はフックアップはシングルの2倍、掛かってからはシングルでのホールド+もう1つのシングルがアシストということです。
フックアップしてからの可動域が広いので、フックホールが広がりにくくバラしにくくなります。
フッキングポイントが動くことが少ないので、魚へのダメージも少なく、リリース前提でのゲームなどには最適です。
ダブルと同じ形状になるので、ルアーのボディーへの干渉音も防げ、さらにトレブルよりも1本分自重が軽くなります。
フックサイズを1番手ほど大きくできるので、大型狙いのフックとしても最高だと感じます。
まさに、ダブルフックとシングルフックの利点を併せ持つ、とても優秀なフックシステムだと思います。

先日からシーバス用に使っているライトショアジギングロッドのLUXXE コヨーテで、やや強引なファイトをしても、Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドのおかげで安心感が違います。

181002_miyazaki_03.jpg

Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドは、僕の中では既にフックの新たな選択肢の1つのカテゴリーになっています。
皆さんにも体感していただいて、ネオスタンダードになると良いですね!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE コヨーテ S96M
フック:Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッド