秋シーズン開幕

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月某日
■場所 ・・・ 某所

今年の春シーズン~夏にかけては、諸々の所用でまったく釣行できませんでした。
その分を取り戻すべく、秋シーズンはなんとか釣行時間を確保して良いご報告ができるようにしていきたいと思います!

180915_miyazaki_01.jpg

私がホームとしているエリアにおいては、秋のナイトゲームではサヨリがメインのベイトとなります。
一時的にコノシロやヒイラギなどが溜まったりすると、そちらを偏食するタイミングもありますが、秋からミゾレが降るぐらいまでの間はサヨリが中心です。

早速、そのサヨリが溜まっているであろうポイントに状況等のチェックのつもりで釣行しました。
先日から雨が続いていた影響で濁りが入っており、良い感じだなーと思って暫く様子を見ていると、小さめのサヨリと思しきベイトがザワザワしたので、試しにルアーをキャストしてみることにしました。
すると2投目、足元でギラッと反転しながらシーバスがルアーを引ったくっていきました!
突然の予期しないヒットにビックリしたことと、実に半年ぶりとなるシーバスのファイトに少々腰が引けながらも、Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)が良い所をフックアップしてくれたお陰で何とか無事キャッチ!

180915_miyazaki_02.jpg

この直後に、さらに2度シーバスのアタックがあり、そのうち1本ヒットしましたが、これはバレてしまいました。
無理なやり取りをしたという原因が明確で、3フックのうち1つは伸び、1つは折れていました。
やはり、装着フックの強度に対して適切なテンション限界を守らないと、いくら高性能なフックでも残念な結果になってしまいます。
さらに、浅掛りの場合はどうやっても伸びてしまうことがほとんどですので、強いテンションでファイトするというのは根がかりやラインブレイク回避以外はデメリットしか無いと改めて感じました。

それにしても、久々の釣行でしたが上出来の結果です。
しかし、これは良い状況のようです。
こういう状況下でないと検証できないことも沢山あるので、ヒットとバラシが教えてくれた要因を自分なりに整理と修正をして翌日も釣行しました。
結果は...上手くいきました!
納得です!

180915_miyazaki_03.jpg

絶好のスタートを切ることができたので、今年の秋も良いシーズンにしたいです!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)