ボートゲーム

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 宍道湖

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

今回は宍道湖ボートシーバスの模様をレポートします。

180809_hamada_01.jpg

宍道湖はモンスター級のシーバスと出会える可能性が高いフィールドとして、全国的にも知られるようになってきました。
陸っぱり、ウェーディングでも十分に大型の実績はあるフィールドですが、ボートからアプローチすることで、比較にならないほど広い範囲を探ることができ、大型と出会う可能性が何倍も高くなります。
近年は遊漁船も増え、多くのボートシーバスアングラーが宍道湖を訪れるようになりました。

180809_hamada_02.jpg

宍道湖は午前中にシジミ漁が行われているので、水・土・日曜日の休漁日以外は、午前中にボートを入れないようにしています。
遊漁船はもちろん、プレジャーボートも自主的にこのルールを守ってシジミ漁の邪魔にならないよう気をつけています。
当然ですが、ウェーディングゲームの場合も、シジミ漁とウェーディングポイントは重なっているので、同様に注意しなければなりません。

釣行日は平日だったので、午後から出撃。
到着して早々にベイトによる水面変化を発見しました。
すかさずマヒペンを投入して丁寧にドッグウォーキングさせて誘うと...バッコーン!!と、水面が割れてフックアップ成功!!
大きくはありませんが、幸先良くアグレッシブな宍道湖シーバスをキャッチしました。
もはや当たり前ですが、TGW製のトレブルフックに交換しているので、フックアップ率は確実に上がるのは必然です。
強度面においても、トルクをかけたパワーファイトも可能なので、不意に来るビッグフィッシュにも安心ですね。

180809_hamada_03.jpg

このシーバスをキャッチ後、潮目に沿ってボートを流し、コノシロを意識したシーバスをビッグベイトでサーチ。
面白いようにシーバスからのコンタクトがあり、グッドサイズのシーバスが連発しました。
ベイトタックルを使用したパワーファイトにおいても、ベンドが開くことは皆無。
多くのシーバスと出会えて大満足の釣行となりました。

<タックルデータ>
リール:3000HGM
ライン:PE1号
ライン:リーダー ナイロン22lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#6
    Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) ハイパーシールド #1、#4
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L