タフコンディション攻略

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

先日、ホームである岐阜県養老水系へ出撃してきました。
釣行日は雨上がりからの晴天。
案の定、爆風&増水のバットコンディションでした...。

180529_otsu_01.jpg

しかし、いつものことだと思い、気にせず釣っていこうと決意。(笑)
まずは、風裏の護岸沿いに沈むストラクチャーを狙います。
ネコリグをコンタクトさせてステイさせると...早速、バイト。
幸先良く釣ることが出来たものの、その後、白波が立つほど爆風になってしまいました。
ほぼ全域で風の影響があり、しばらく収まるのを待つことになりました。

数時間後...風が弱まったタイミングでリスタート。
リーズ周りに高比重ワームのノーシンカーを撃っていく...すると、フォール中にラインが走りました。
アベレージサイズをゲットです。

180529_otsu_02.jpg

しかし、後が続かないので移動しました。
移動したポイントも川なりに風が吹いており、護岸際にはバスが身を潜めることが出来る太い杭が隣接していました。
田んぼの代掻きと爆風で底荒れしているたので、波動が強いチャターベイトで丁寧に中層をトレース。
そして、杭の横を通過する時に強烈なビックバイトです!!
杭から一気に引き離し、オープンエリアで慎重にやりとりして上がってきたのは、なんと、50アップ!!
このコンディションの中、アフター回復バスを釣ることができ、今年一番嬉しい釣果になりました。
アフターの個体が多くなってきてますので、縦ストがキーポイントになりますね。

180529_otsu_03.jpg

さてさて、釣果の方はさておき、今回はLUXXE イフリート B64MH-Rの初陣となりました。
養老水系ではショートレングスのロッドをとても重宝します。
ほぼ1日中、ショアラインのストラクチャーをショートキャストで狙うことが多く、キャスト時には360度オープンスペースがあるわけではなく、限られた空間でのキャストが必要です。
そして、この水系では様々なストラクチャーが数多く点在するため、ロッドパワー・トルクが必要不可欠。
掛けたバスをストラクチャーから一気に引き離すことが出来なければならないため、このモデルの性能をフルに発揮できます。
「トレカT1100G+高弾性カーボン」によって構成されたブランクスはパワー・トルクはもちろん、その反発力で快適にロングキャストが可能。
ホントに「まさに異次元」と言える最高傑作ですよ。
絶対に損はしませんから。
では、また投稿したいと思います。

<タックルデータ>
【ネコリグ】
ロッド:LUXXE イフリート S70MH-F
リール:LUVIAS 2004
ライン:フロロ 5lb
シンカー:インサートシンカー 1/16oz
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーHD KGウィードレス 1/0
ワーム:G2ストレート 6インチ

【ノーシンカー】
ロッド:LUXXE イフリート B64MH-R
リール:ALDEBARAN
ライン:フロロ 10lb
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R 2/0
ワーム:DYNAGONE

【チャターベイト】
ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
リール:ALDEBARAN
ライン:フロロ 8lb
ワーム:1/4ozチャターベイト