春バスを求めて

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 3月某日
■場所 ・・・ 奈良県 津風呂湖

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

気温が上がり始め、春の到来を感じています。
今回は春バスを求め、奈良県津風呂湖に行ってきました。

朝は気温1度、桟橋が凍るほど冷え込んでいました。
春の定番、上流を目指すもののあまり寒さに指先の感覚がなくなっていきます。
ここまで冷え込むのか...と思っていましたが、日中は小春日和になる予報。
ポイントに到着後は日も射し始め、気温が上昇していきました。

ここ数日、温かい日が続いたためシャローに上がっていると判断していましたが、今朝の冷え込みで少し下がっていると考え、1/16ozのジグヘッドでブレイク沿いをミドストにて狙うことにしました。
ブレイクに絡むオダに絡めながらトレースしていくと、スーっとラインが走り、フッキング。
しかし、生命感がロッドから伝わった直後、ふっと軽くなり生命感が消えました。
まだ食いが浅いと判断し、次は送りこんでからフッキングしようと思いながらキャストを続けましたが、反応がありません。

大きくポイント移動して再度ミドストにて流していきますが、反応はありません。
よくよく状況を確認すると、先日の強風で濁りが入っていました。
この状況ではルアーを追いかけてバイトすることは難しいと判断し、ジグヘッドワッキーにて濁りの影響が少ない岩盤をシェイクさせながらダウンヒルにて狙います。
すると、弱々しいバイトの後スーっとラインが走り、少し送ってからフッキング。
無事に春バス&津風呂湖の初バスを釣ることに成功しました。

180309_otsu_01.jpg

その後は深追いせず色々なポイントを周りましたが、反応がないままストップフィッシング。
まだ本調子ではありませんが、季節の進行と共に釣果も上がってくることでしょう。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"
ライン:3.5lb
ルアー:ジグヘッドワッキー 1/16oz