南紀ティップラン!基本動作の重要性!

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 南紀

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

180111_nagata_03.jpg

今回は、またまた南紀ティップラン「RED MONSTER」に行ってきました!
お世話になったのは、和歌山県串本町の遊漁船「悠真丸」様です。

事前情報では...釣行日の数日前から時合いは午後からばかりで、午前中は沈黙パターン。
午前中勝負は厳しいか!?と思っていましたが...なんと、1投目から1,700gの良型のレッドがヒットしました♪♪
その後も船がキレイに流れ、ラインに角度がついていくときはスピニング、ラインがバーチカルになるときはベイトタックルでのFPリグ(二点式、上:ノーマルエギ、下:タングテンシンカー1~2oz)を状況に応じて使い分けて、量産態勢に。(^^)d

180111_nagata_01.jpg

僕の釣果は...1,700gを頭に9杯。(^^)v
船中は、僕も含めて5名で13杯でした。

潮もそこそこ流れており、天気も小雨でローライトと状況が良かったのでアオリの活性は高めでした。
しかし、この日はレッドより白系アオリが多く、「しっかりサミングをしてのタッチ&ゴー」「シャクり終わりの位置から竿先を絶対に動かさない」などの基本をしっかりとこなせていないとヒットしないというシビアな状況でしたので、船中釣果には大きな差がつきました。
白系アオリは活性が高いときほど、基本動作のクオリティで釣果が劇的に変わります!!

ティップランにおいて重要な要素は、以下の3点です。
ひとつ、常にラインの角度を45度付近にコントロールすること。(ドテラ流しでエギが船から離れていく場合)
ふたつ、ボトムから0.1秒でも早くエギを立ち上げること。(タッチ&ゴー)
みっつ、いかにエギを「止める」か。
良い角度をキープし、素早くエギを立ち上げ、しっかりと止めます!!

180111_nagata_02.jpg

この3点をしっかりと意識し実践していただければ、自分だけ釣れないなんてことはなくなると思います。
是非、お試しください。(^-^)/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:16Vanquish C3000SDH
ライン:Real dtex Premium WX8 0.5号
ライン:Grand Max 2号
エギ:DARTMAX TR-BK