好調ナイトゲーム!!

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 山陰中部 汽水湖エリア

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

今回の冷え込みで山陰地方の山間部は雪で真っ白。
もう、冬シーズンに入ってきましたね。

171129_hamada_01.jpg

山陰中部の汽水湖エリアは雪がチラつく頃から、本格的な大型シーバスの時期に突入します。
どのような状況かと言うと、汽水湖の奥まで上がっていた大型シーバスが産卵のために日本海を目指して動きだすのです。
今回は大橋川の明暗部へ行ってきました。
ベストシーズンの大橋川明暗部はかなり早くからポイント入りしないと、なかなか良い潮のタイミングに入ることが出来ない超人気ポイントです。
この日は明るいうちから現地入りして、ウェーディングをしてポイントが良いタイミングになるのを待ちました。
明暗部を意識したゲームをする場合には、遠くのピンスポットにルアーを届けないといけない場合も多く、ロッドの性能が大きく影響してきます。

超鉄板であるLUXXE リフレックス ティガロ 96MHは、このような状況でも活躍してくれる頼もしいロッドです。
もちろんヒットさせてからの性能も高く、シーバスを必要以上に暴れさせることなく確実にシーバスのパワーを吸収してくれます。
当然、トーナメントグレードワイヤー製トレブルフックとの相性があってのことで、それぞれの持っている性能をフルに発揮できればの話ですが...。(笑)

171129_hamada_02.jpg

辺りが暗くなり潮もしっかりと流れ出したので、本格的にスタートフィッシング。
レンジの浅いルアーでしばらく狙うものの、ベイトにすら当たりません。
ルアーチェンジして少しレンジを下げると、ベイトの気配を感じることが出来たので、そのレンジを狙ってルアーを通すと...ヒット!!
グッドコンディションの極太シーバスをキャッチすることに成功しました。

このキャッチを皮切りに連発モード発動!!
しかも、ヒットするシーバスは極太ばかりです。

171129_hamada_03.jpg

普段ならヒットするレンジも上下するのですが、この日は最後までバイトの出るレンジは一定でした。
腕がダルダルになるほどシーバスとのファイトを楽しんで終了としました。(笑)
豊かなフィールドに感謝です!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
リール:3000HGM
ライン:1号、フロロ20lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#6
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L