捨てる神あれば拾う神あり!!

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 大橋川

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

友人と日本海でキャスティングとジギングでヒラマサを狙うはずが、風が強く吹いて波が高いので残念ながら中止...。
それでも折角の休みだから何かしようと、ナイトゲームにでも出掛けてやろうと思い出撃しました。
この日は休日前夜ということもあり、大橋川の各ポイントは満員御礼。
そこで、比較的人の少ないオープンエリアを選択しました。

タックルの用意を済ませて川岸に立つと、やはり先行者は無く、十分な距離を開けて2人でウェーディングを開始。
タイドグラフからすると本来なら下げ潮でシッカリと流れていないといけないはずなのに、なぜかトロトロとした弱~い流れ。
「潮止まりよりはマシだね」なんて言いながら、2人でキャストを繰り返します。
ルアーが時々コノシロらしき魚にコツコツと当たるので、可能性は十分にある感じです。
私はレスポンダー149をセットして、コノシロの群れの中で強い波動でシーバスにアピールすることにしました。

171121_hamada_01.jpg

友人はシーバスゲームをするのは半年ぶりくらいのようで、感覚も相当鈍ってる様子。(笑)
しかし、これが新鮮だったのか流れが少し強くなったタイミングで友人にヒットし、久しぶりのシーバスをキャッチすることができました。
その後も神がかったように次々とシーバスをヒットさせる友人。(汗)
私はというとシーバスの甘噛みが数回あったのみで、なかなかタイミングが合いません...。
あれやこれやと作戦を変えるものの、タイミングが合わないまま、潮止まりが近くなります。

それでも、捨てる神あれば拾う神あり。(笑)
ルアーがブレイクラインあたりに差し掛かっところで、手元に目が醒めるような感触が伝わりました!
それと同時にLUXXE リフレックス ティガロ 96MHが、シーバスのパワーを見事に受け止め、いなしに掛ります。
ボチボチサイズでしたが、何とかシーバスをキャッチすることができました 。

171121_hamada_02.jpg

これで2人ともキャッチできたので終了。
こんなこともあるから、シーバスゲームは楽しいんですよね!

では、また投稿します。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
リール:3000HGM
ライン:1号、フロロ20lb
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールド #4
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L