巻物季節

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

日中も過ごしやすく、秋めいてきましたね。
今回は秋の岐阜県養老水系に行って来ました。

171012_otsu_01.jpg

前日から降り続いた雨で各河川満水状態。
秋という事で、朝一は横の動きで反応を見る事にしました。
冷たい雨で水温低下しており、バスの活性も低いと判断。
そこで、Gamakatsu マイクロスピン タンデムウィローをオダにコンタクトさせてリアクションバイトで誘いました。
すると、コンタクトした瞬間にバイト。
幸先良く釣る事ができましたが、サイズが...。
その後も色々なストラクチャーにコンタクトさせて狙うものの、先程と同サイズが釣れ続きました。

今度はGamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)を護岸際のゴロタエリアにコンタクトさせて、リトリーブ。
こちらも同サイズが金太郎飴状態でした。

171012_otsu_02.jpg

そうこうしているうちに上流と下流から放水が始まり、一気に激流&濁りが入り、状況が変貌。
同時にバイトが遠くなりました。

カレントが強いエリアは皆無なので、弱いエリアを選択。
浅いレンジは反応が悪く、沖側を狙います。
カレントが弱まるゴロタエリアにスピナーベイトをボトムノックさせながらリトリーブ。
すると明確なバイトがあり、アベレージサイズを釣る事に成功しました。
しかし、後が続きません。

171012_otsu_03.jpg

全体的にカレントも弱まった頃合いで、シャローフラットエリアを再度じっくりと狙います。
岸際には多くの川エビがおり、ホッグ系のショートダウンショットをシェイクさせながらゆっくりとボトムトレース。
護岸近くに差し掛かった時に、弱弱しいバイトがありました。
フッキングしロッドから伝わる重みですぐに良型と解り、慎重に寄せて釣る事に成功した所でストップフィッシング。
今回は巻物に反応が良く、各レンジで反応がありました。
バスが広範囲に散らばっていますので、淡々と巻物でスピーディーに狙って行く事をお勧めします。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:7lb
ルアー:Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)
     Gamakatsu マイクロスピン タンデムウィロー

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
ライン:7lb
ルアー:ホッグ系ワーム
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R