またしても...

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

先日のサヨリパターンでの連発劇が、きちんと再現性のあるのものなのか?それともマグレだったのか?を確認するべく、翌日にも釣行しました。

前日と比べるとさすがに濁りも薄くなっていましたが、開始早々に「コッ」と軽いアタリ。
反応は濁りに比例して少し渋いようで、もう1度同じようなコンタクトがありましたがヒットに至りません。

そこで、ルアーを一回り小さいサイズで、尚且つアクションも静かなものにチェンジして2投目。
「ここでバイトしてくる」というピンに差し掛かったところでワンアクションさせると、今度は見事にヒットしてくれました。
バイトが小さいことは想定済みだったので、新品のGamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ハイパーシールドを装着してあったのです♪

171008_miyazaki_01.jpg

このシーバスもなかなかの型で、しかもかなり良いプロポーションでした。
パワフルなファイトをLUXXE リフレックス ティガロ 91MLがしっかりと受け止めて、確実にキャッチ。
再現性のある現象であることを確認することができました。

翌日からは別のポイントのチェックに行きました。
そのためこの場所へは釣行していませんでしたが、数日後に再びまとまった雨が降り、同じように濁りが入ってので、これは!ということで友人と釣行しました。
すると、やはり開始直後から反応がありました。
パン!と弾かれたバイトが2回続いたので、リトリーブスピードを調整して少しレンを入れてやると1本キャッチできました!

171008_miyazaki_02.jpg

同行の友人に場所を譲ると、友人も立て続けに3バラシ。
さらに別の友人に交代すると、すぐに1回バラした後、1本キャッチしてくれました。

まさに濁りと共にヒット率が確率変動することを体感できる釣行でした。
時合が短いのでそれ以上数は伸びませんでしたが、狙った場所でバイトが出るので非常に面白い展開でした。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ハイパーシールド
    Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールド