試行錯誤の末のハチマル(^^)v

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

先日、京都府京丹後市網野町の遊漁船「ラスター」様にお世話になって、ディープタイラバに行ってきました。

170730_nagata_02.jpg

この日は朝から1日雨で釣り人の活性は下がり気味のスタートでしたが...魚はなかなかの高活性!!(笑)
二枚潮のポイントが多かったのですが、底潮は効いていたので、ウッカリカサゴやレンコ鯛、チダイ、クロソイ、カナガシラなどゲストは多数でした。(^^)d
真鯛がヒットする前に高活性のウッカリ&レンコがヒットするパターンでしょうか!?(笑)
それでも船中では本命の真鯛も、単発ながらポツポツとヒット。
最終的には船中5名で真鯛10匹、ウッカリ&レンコ多数、クロソイ、チダイ、カナガシラでした。(^^)

僕は、前回のディープ釣行からヒットしてもヒットしてもウッカリ&レンコ祭り。(笑)
全く合ってない訳ではありませんが、微妙に何かがズレてる感じです。
巻きスピード、フォールスピード、レンジ、ラインの角度、タイラバの形状。
結局、どれとは特定はできませんでしたが、終始一番潮下で前4人は手練れ揃いという状況を考えて、ヘッドシンカーを150gから220gにチェンジし、フォールスピードを上げ、できるだけ手前の新しいポイントを撃っていく作戦にしました。
これが功を奏し、バーチカル気味のライン角度で81cmの"BIG RED"の捕獲に成功。(^^)d
ちなみに、これも単発でした(笑)

170730_nagata_01.jpg

ドテラ流しのディープタイラバでは船の魚探やソナーの影響を考慮してできるだけラインを出し、タイラバを船から離していくのが主流です。
しかし、単発拾い釣りパターンではできるだけ手前の新しいポイントを撃っていき、自分のタイラバを真鯛に一番に見つけさせるというのも有効です!
是非お試し下さい(^^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.R
    LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R
リール:オシアコンクエスト300HG
ライン:PE1号、フロロ20lb
フック:Gamakatsu 糸付サーベルポイント(ナノスムースコート) M
ルアー:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ