灼熱の養老水系

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

梅雨明けかと思うほど猛暑が続き、寝苦しい日々が続いてますね。
さて、今回は灼熱の養老水系に半日だけ行って来ました。

170718_otsu_01.jpg

気温の上昇と共に水温も上がり、そろそろミッドサマーパターンに突入していると思い夏のエリアを回りました。
自分が思う夏のキーポイントはカレントとシェード。
そこで、朝一はカレント+流木が沈んでいるポイントをフロッグにて表層を狙います。
スライドアクションさせながら流木に絡めてトレースしてくると水面が割れ、幸先よく釣る事に成功。
その後は表層に反応がなく、ポイントを移動しました。

移動した先は夏の定番ポイント、橋脚。
沖側はカレントが強くリグが流されてしまうため、カレントが弱まる境目をヘビダンで狙います。
境目にキャストした後、ナチュラルドリフトで誘うとバイトがあり、アベレージサイズを釣る事に成功。
同じコースを再度狙うと、またもバイトがありました。
先程と比べると、ロッドから伝わるバスの引きが違います。
慎重にやりとりして、良型を釣る事に成功。
もう一度先程同様のコースを狙うと、またもバイトです。
3投連続で釣る事が出来て、自分もビックリ。
4投目はさすがにバイトはなく、ポイントを移動しました。

170718_otsu_02.jpg

日も上がり始め、食いが悪くなったところでフィネスな釣りに変更。
アウトサイドベント+オーバーハングをダウンショットにて狙います。
バイトが続くもののサイズが上がらず、金太郎飴状態でしたので、ポイントを移動することにしました。

再度、橋脚に移動するとカレントが弱まり、先程出来なかった沖側をテキサスにてじっくりと狙います。
カレントが当たる上流側の橋脚にキャストしてロングシェイクしているとラインが走り、フッキング。
狙い通り、釣る事に成功しました。

その後、周りを観察していると見えバスを発見。
ヘビダンを遠目にキャストして、スイミングさせながら寄せていきます。
バスが認識できる所でロングシェイクしているとラインが走り、アベレージサイズを釣る事に成功。

170718_otsu_03.jpg

ここでストップフィッシングとなりました。
気が付けば、半日で二桁釣果。

まだこれからが夏本番です。
これからもカレントが当たるポイントで反応がありますね。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:4lb
ルアー:サターンワーム
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム

ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:7lb
ルアー:ストレートワーム
フック:Gamakatsu ワーム322 スリムスタイル

ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
ライン:8lb
ルアー:ホッグ系ワーム
フック:Gamakatsu ワーム322 スリムスタイル

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:PE45lb
ルアー:フロッグ