表層系が楽しい季節

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

梅雨入りした事で降水量が多くなり、養老水系の水質も良くなると思っていましたが、逆に田んぼからオーバーフローした濁った水が入り、タフな状況になっていました。
しかし、水温も上がり始め、夏のエリア付近にて反応が出てきました。

170627_otsu_01.jpg

釣行日の天候は、曇り時々晴れ。
朝一はローライトのため、凹凸がある葦際にフィーディングに上がってきたバスを狙います。
葦際には甲殻類を捕食しに来ているバスや、葦の凹みにベイトを追いこんで捕食しにくるバスがいます。
尚且つ、バスは岸際を向いている事が多いので、タイトにキャストしないと反応しない事が多いです。
そこでフロッグをタイトにキャストした後、波紋が消えるまでステイさせからスライドアクション開始。
岸から50~70cmぐらい離れたらピックアップして、同アクションを繰り返します。
凹みの葦際にキャストして、ワンアクション目に水面が割れました。
一呼吸おいてフッキングし、狙い通り釣る事に成功しましたが、その後は反応がなく移動。

170627_otsu_02.jpg

移動した先は、浅瀬のゴロタエリアです。
ショアラインはゴロタが丸見のため、岸から少し離れた所を狙います。
まだ追い食いする程には活性が高くないので、ゆっくりとスライドアクションさせながらトレース。
連続アクション中に水面が割れ、釣る事に成功しました。
その後は時々日が射す事が多くなり、表層で反応がなくなりました。

そこで、狙うレンジを少し下げる事にしました。
長時間晴れる事もなくローライトの時間が長いので、バスは中層にサスペンドしていると思い、軽いウエイトのチャターベイトにてゆっくりと岸際を狙います。
濁っているので波動でアピールしてタイトにトレースすると、グーッと重たくなりスイープフッキングし、釣る事に成功。

170627_otsu_03.jpg

そして、日が沈む前にもう一度フロッグにて狙いました。
ブレイクが近く、ショアラインにはゴロタが沈んでいてフィーディングポイントになっていますが、減水のためバイトしてくる確率が低いです。
しかし、沖に流木が沈んでいるのでバスが待機しているのでは?と思い、沖からフロッグをスライドアクションさせて流木に絡ませてステイ。
数秒後に水面が割れてフッキングし、素早く流木から離して慎重にやりとりして良型を釣る事に成功しました。

今後も引き続き、ローライト時は表層にて反応があると思います。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
ライン:7lb
ルアー:チャターベイト

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:PE45lb
ルアー:フロッグ