養老水系激タフに豹変

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

梅雨入りした中部地方ですが、連日夏日が続いています。
この日も熱中症対策をして、養老水系に向かいました。

今の養老水系はアフターの個体が多く、尚且つ田んぼから代掻きが入り、一気に活性が低くなっています。
しかし、回復系も存在しており、徐々にサマーパターンへ移行しています。

170613_otsu_01.jpg

朝一は梅雨時期という事で、Gamakatsu ガマガエルJr.を使用して表層を狙いました。
狙うポイントも濁りの影響が少ない、ハードボトムエリアのショアラインです。
着底後、波紋が消えてからスライドアクションさせてステイを繰り返すと、ステイ中にGamakatsu ガマガエルJr.が水中に消えましたが...。
やはりこの時期は食い込みが浅いな~と思いながら、次のポイントに移動しました。

次は回復傾向にあるバスを狙う為、シャローフラットエリアでフィーディングに入って来ているバスを狙います。
ポイント到着後、水面を観察するとベイトを追いまわしています。
その後も複数のバスがフィーディングに入り、サイトで狙っています。
ここで一番の良型の進行方向にネコリグをキャストして、着底後ステイ。
すると、ルアーに反応を示し、数秒後ラインが走り、釣る事に成功しました。
その後、見えバスの姿はなくなったので、ポイント移動です。

170613_otsu_02.jpg

気温が上昇してきたタイミングで減水になり、シャッドテールにて沖側を狙います。
ショアラインにキャストして、ゆっくりと中層をリトリーブ。
ブレイクライン上に差し掛かった所でグーっと重くなり、狙い通り回復系を釣る事に成功しました。

沖で釣れた事により、もしかして水通しが良いエリアはどうなんだろ~と思い、橋脚に移動。
橋脚を境に水質が変わっており、その境目にノーシンカーリグをキャストして、ナチュラルドリフトで狙います。
流れが淀むところに差し掛かった時に沖にラインが走り、こちらも回復系を釣る事に成功しました。

170613_otsu_03.jpg

今後はアーリーサマーパターンに移行していきますので、流れやシェードを意識したバスが多くなると思います。
曇りや雨の日は表層系で楽しめるのではないでしょうか。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:4lb
ルアー:ストレートワーム
フック:Gamakatsu ワーム318 ウィードレスワッキー

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
ライン:8lb
ルアー:高比重ワーム
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF KGウィードレス

ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
ライン:8lb
ルアー:シャッドテール
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:PE45lb
ルアー:Gamakatsu ガマガエルJr.