ティガロ96MHの持ち味

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 大橋川

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

前回の釣行の際、ベイトの感じが良かった大橋川に出掛けてきました。
今回も使用するロッドは、ランカーシーバスとガチンコ勝負を想定して、LUXXE リフレックス ティガロ 96MH。
もう、このロッド無しでは自分の釣りが成立しない程の信頼度です。

170629_hamada_01.jpg

ベイトが多かった、下げ潮のタイミングでウェーディングを開始しました。
既にしっかりカレントが効いていて、ブレイクライン辺りにもくっきりとした筋が出ている状態。
ベイトもそこそこ居て、何とも期待大な感じです。

しかし...この日は水の濁りも強く、切れて流れている藻が尋常じゃないほど多く、1投毎にルアーのアクションが抑えられてしまい大苦戦...。
フックに引っかかる藻を外しながら、キャストを繰り返しました。
ルアーにもコノシロらしきベイトがコツコツっと当たる感触があり、期待大。

170629_hamada_02.jpg

そして、開始から1時間が経過したあたりで、濁りが薄くなりかけた事と藻が少なくなり始めたので、ようやくドリフト展開が可能な状況になってきました。
コノシロパターンの定番であるレスポンダー149Fを狙いのポイントに正確に送り込み、ブレイクラインをドリフトで通過させて...待望のバイト!!
明らかに重量感があるので、グッドサイズと確信しました。
タックルを信頼してトルクを掛けたラフファイトで、あっという間にグリップで掴んでキャッチ成功!
90cmには僅かに届かないもののランカーサイズでした。

170629_hamada_03.jpg

私があまりにも短時間にランディングしたもんだから、隣りに入っていた友人もシーバスのサイズを見てビックリ。
しっかりと曲がって、シーバスを暴れさせずに寄せられるのでキャッチ率が高い(上がる)のですが、この性能もLUXXE リフレックス ティガロ 96MHの持ち味なんです。
ホント、この性能を体感してほしいですね。
シーバスフィッシングの概念が変わると思います。

そんなこんなで、この日はこのシーバスで満足して終了しました。
また投稿しま~す。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
リール:3000HGM
ライン:1.2号
ライン:ナイロン25lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ