春の野池陸っぱり

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 兵庫県 西播地域

こんにちは。
ラグゼスタッフ花木陽太です。

ここ最近は日中の気温も暖かく、とても過ごしやすい釣り日和といった日が続いています!
そんな今回は産卵を終え、ベイトを活発に捕食し始めるバスを狙いに兵庫県西播地域の野池に釣行してきました。

170520_hanaki_01.jpg

今回は、まだまだネストを守るバスも多いことから極力ネストをさける為、ソフトルアーは封印してハードプラグのみでの釣行です!!
Gamakatsu ノッキンロール SR-60 #19 ゴールデンシャッドとGamakatsu ヴィンターSSR-60 #22 メタルブラックをメインに、フォローにマイクロスピンを巻くといった巻物Only。

開始早々、小さなインレットにGamakatsu ヴィンターSSR-60をキャストします。
インレットと平行に通すと、ゴボッと盛り上がるようなバイト。
水面直下を巻けるGamakatsu ヴィンターSSR-60ならでは、視界でも楽しめるバイトです。
予想通り産卵から回復傾向にあるナイスプロポーション、ナイスファイターでした!

170520_hanaki_02.jpg

続けて同ポイントで、小型ですがGamakatsu ヴィンターSSR-60に連続バイト!
水面には出きらない魚でも、Gamakatsu ヴィンターSSR-60には警戒せずバイトしてきます。
今回使用した「#22 メタルブラック」は視界性も良く、シルエットがハッキリする事からマッディな野池はもちろんのこと、クリアーウォーターにもフラッシング効果を発揮し、フィールドを問わず魚を呼んできてくれます。

朝一のフィーディングタイムが終了した後は、数百メートルにわたる護岸沿いをGamakatsu ノッキンロール SR-60でランガンしました。
護岸の切れ目などを丁寧にスローリトリーブして狙うと、乗し掛かるようなバイト!
ナノスムースコートのGamakatsu トレブルSP M(ミディアム)を使用している為、そのまま巻き合わせでサクッとフッキング!!
これもアフター回復のナイスコンディションのバスでした!

170520_hanaki_03.jpg

その後は日が昇り汗ばむ陽気となり、カバー周りシェードにてGamakatsu マイクロスピンで20センチに満たないバスを2本ほどキャッチ。
満足のいく釣果となったので、この日は午前中で終了しました。
今年は琵琶湖が好調な事から琵琶湖に通う事が多かったですが、今回は野池の陸っぱりバスフィッシングの楽しさを改めて感じる事ができました!
これから梅雨に入るまでの時期、暖かく穏やかな日が続くと思います。
是非、短時間で手軽に足を運べる陸っぱりバスフィッシングを楽しんでみて下さい。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
リール:スティーズA TW
ライン:アプロード カモフラフロロ12lb
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ナノスムースコート
ルアー:Gamakatsu ヴィンターSSR-60 #22 メタルブラック
    Gamakatsu ノッキンロール SR-60 #19 ゴールデンシャッド
    Gamakatsu マイクロスピン