養老水系春バス攻略

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月初旬
■場所 ・・・ 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

170508_otsu_01.jpg

今回はゴールデンウィークを利用して養老水系全域を回り、春バスを狙ってきました。
スポーニング時期も中盤に入り、プリ・ポスト・アフターが混在。
GW連休と言う事で多くのアングラーで賑い、一級ポイントは立ち代り入れ替わりでハイプレッシャー化していました。
そんな中、ポイント毎にスポーニングの進行具合により多種多様なリグを選択して良型を狙いました。

まず、朝一はGamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)を使用して、プリ・ポストを狙います。
オスを探しながら泳いでいると仮定して、シャローエリアをトレース。
ボトムまでルアーを潜らせ、ボトムに当てて浮かすを繰り返します。
すると、浮かせた瞬間や巻き始めにグーっと重たくなるバイトがあり、良型を釣る事に成功。

170508_otsu_02.jpg

日が昇ってからはメスバスがシェードに入るため、シャローエリアのオーバーハング周りをヘビーダウンショットのロングシェイク。
激しくシェイクするとバスが違和感を感じてしまうため、軽めにシェイクさせるとバイトがあり、良型を釣る事に成功しました。

上記は産卵行動をしているプリ・ポストの狙い方ですが、次は進行が進んでいるエリアでのアフターの釣り方を紹介します。
まずはシャローエリアの縦ストに高比重ノーシンカーを撃って行くと、フォール中にコンっと微かなバイトがあり、フッキングして良型のアフターを釣る事に成功。

170508_otsu_03.jpg

次は流れがよれているポイントにGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチのダウンショットをキャストし、長めのステイ。
反応がない場合はゆっくりとズル引きさせてステイを繰り返すと弱弱しいバイトがあり、こちらも良型のアフターを釣る事に成功しました。

ポイント毎で的確なリグを選択する事で、良型を釣る事が出来る季節ですね。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:4lb
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF KGウィードレス

ロッド:LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"
ライン:7lb
ルアー:Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)

ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:7lb
ルアー:高比重ワーム
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:10lb
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム