瀬戸内タイラバ開幕戦!NEWカラーで攻略!

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月12日
■場所 ・・・ 瀬戸内

皆様、こんにちは。(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です。m(__)m

5月12日に、LUXXE STAFFの大先輩の"ヌッシー"こと、主原さんを捕まえ、今シーズンの瀬戸内タイラバ開幕戦に行ってきました!
お世話になったのは、岡山県倉敷市の児島大畠漁港より出船の遊漁船「1st(ファースト)2号艇」様です。

170521_nagata_01.jpg

今回は新製品のGamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカーのNEWヘッドカラーで釣るミッション付きです(^^;
僕らは開幕戦やし、1st2号艇様もシーズン初期の試し釣り出船なのでどうかな?と思っていましたが...出船するなり1流し目から主原さんが、大・大・大連発!!!((((;゜Д゜)))
ちなみに僕はかすりもせず。。(>_<)

この差の理由は...「タイラバの形状」と「巻き速度」でした。
主原さんはベイトをイソメ類等の虫系と推測し、Gamakatsu 桜幻 シリコンネクタイをかなり細いものにしており、カラーはレッド!
そして、巻き速度は早めでした。

大きく出遅れた僕も迷わずイソメ類を意識したネクタイ&早めの巻き速度にチェンジ。(^^)d
ヘッドは濁りのないポイントでは、NEWカラーの「#10 ステルスレッド」、濁りのあるポイントではこれまたNEWカラーの「#11 マットオレンジ」。
ネクタイは虫系ベイトを意識して「#3 オレンジシルバー」「#8 ソリッドレッド」を細く切った物を組み合わせました!

170521_nagata_02.jpg

ここからは僕も連発です!(^-^)v
ただ、この日は完全に前流れ(主に左前)で、僕は右舷の後ろの釣り座でしたので、1日1番潮下。。(>_<)
少し潮が緩んでからは我慢の釣りとなりました(^^;
それでも、潮の効いている層を重点的に通したり、光量の変化や濁りの有無でのカラーチェンジ、メカニカルブレーキを調節してフォールスピードを変化させたりと、小技を駆使し、最終的には...真鯛45cmを頭に8枚、アイナメ36cmをGet!(^^)v
この日は10ヒット、9キャッチ、乗らず1回のバラシはありませんでした。(*^-^*)

やはり、僕のメインロッドのLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rは...バレないロッドです!!!
柔軟で高感度なソリッドティップは微細な潮の変化や真鯛がタイラバにまとわりつく感覚までしっかりアングラーに伝えてくれ、チャリコクラスのバイトも弾かずフッキング可能。(^^)b
もちろん、大型ほど掛かりは良いです。
フッキング後はソリッドティップ&粘り強く、急激な引きにもスムーズに追従してくれるベリーが、真鯛特有の3段引きもバッチリ吸収し、竿先がバウンドせず安心してファイトできるロッドです。(≧∇≦)
瀬戸内では厳しい時期なら1日1バイトなんて日もありますので心強い相棒です!

170521_nagata_03.jpg

と、いうわけで...開幕戦からバッチリ好スタートを切ることができました~(^-^)/
これから瀬戸内タイラバもどんどん行きたいと思います。(^^)♪♪
あっ、でも次は丹後ディープタイラバに行ってきまーす!!(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R
リール:OCEA CONQUEST 200PG
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ3号
フック:Gamakatsu サーベルポイント(NSB) S
タイラバ:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ 60g
ヘッド:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカー #10 ステルスレッド、#11 マットオレンジ
ネクタイ:Gamakatsu 桜幻 シリコンネクタイ #3 オレンジシルバー、#8 ソリッドレッド