初釣り٩(^‿^)۶

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。m(_ _)m
LUXXEスタッフ浜田恭です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
今年も頑張って情報発信して行きますので宜しくお願い致します。

170108_hamada_01.jpg

新年を迎え、例年なら山間部には多くの積雪があるはずなのに、今年は殆ど無い状態の山陰エリア。(・・;)
冬将軍は、何処にいるのでしょうか??(^^;
こうなってくると、秋のパターンを引きずる形で年を越してます。
大きなミノーを投げて、ゴチンッ!!とくる展開からなかなか頭が切り替わらないものですよね!?
でも、早めに切り替えをしておかないと、冬季の流れに上手く乗ることができなくなってしまいます。
今年の初釣りは完全に冬季モードに切り替えて、中海へ行ってきました。

中海の冬のパターンは大人しく、「スロー」な展開が基本となります。
波動の強いルアーはシーバスが嫌う傾向ですので、シンペンやピンテールのソフトベイトのジグヘッドリグがメインとなります。
メインというか、これだけあればゲームが成立します。
だからゲームベストが超軽い!!
肩コリともおさらばです。(笑)

170108_hamada_02.jpg

シンペンは浮き上がりが強く、ゆっくりサブサーフェスを引ける物が流行っていますが、今回のパターンにマッチするのは全く逆で、レンジを長くキープしてくれる物がベストとなります。
小型で細身のシンペンでそんな事が出来るものはそう多くはなく、そういった考えから「スレン80S」をよく使用します。
当然、ソフトベイトのジグヘッドリグもレンジキープ力が高さが必要で、Gamakatsu レンジスイマー タイプボトムかGamakatsu 音速ラウンドスナップを使用。
ソフトベイトは4in弱をセットします。
このジグヘッドはアイ位置がヘッド後方部にある事でヘッド前方に抵抗ができ、浮き上がりを抑制してくれるのでレンジキープが簡単なんですね。

今回は中海のシーバスのサイズやコンディションを考慮し、Gamakatsu レンジスイマー タイプリバーシブル 8gを使用。
サイズの大きなフックがセットされているので、グッドサイズのシーバスの口をしっかりとホールドしてくれるので安心してラフファイトをする事が出来ます。
フックポイントも鋭く、素早く貫通してくれるので、フックの懐強度のポテンシャルを高めてくれますね。

170108_hamada_03.jpg

次にロッドですが、軽量で柔軟なティップセクションを持ったロッドがベストです。
しかし、コンディション抜群のプリの個体も結構混ざるので、ベリーからバットにかけてはパワーが欠かせません。
今回のロッドは、LUXXE ソルテージ チータ RR 90ML。
必要な要素と繊細操作が可能で、この時期には必要不可欠なロッドです。

この日は満潮から干潮へと向かう下げ潮のタイミングでポイントに入り、シンペン&ジグヘッドリグのローテーションでグッドサイズを含む多くのシーバスをキャッチ&リリースする事が出来、大満足の初釣りとなりました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ソルテージ チータ RR 90ML
リール:c3000XG
ライン:0.8号
ライン:22lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #8
フック:Gamakatsu レンジスイマー タイプリバーシブル 8g
    Gamakatsu レンジスイマー タイプボトム 6g、8g
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L