琵琶湖 陸っぱり

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

こんにちわ。ラグゼスタッフ花木です。
休日を利用して、琵琶湖陸っぱりに行ってきました。
ポイントは前回アングラーの多さから諦めた南湖の浜を選択しました。

161204_hanaki_01.jpg

今回は午前中のみの勝負の為、ワンタックルで勝負です。
琵琶湖、陸っぱりといえば選択するロッドは間違いなくLUXXE ATS05 B76H Flip Master!
この竿1本あれば、私の琵琶湖の陸っぱりフィッシングのほとんど全てをカバーできます。
クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションにスイミングジグ、テキサスリグからガード付きジグまでこの1本で操れます。
使用ウエイトも3.5gのライトテキサスから、2ozクラスのビックベイトまで幅広く扱えます。
7フィート6インチという絶妙なバランスのとれた長さに高感度なブランク、魚をかけてからのバットパワーも魅力です。

161204_hanaki_02.jpg

当日は強風の中の釣行となりましたが、ポイント選択が功を奏し、60には少し届きませんが3.5キロ超のナイスなバスをクランクでキャッチ。
ここでは5~7センチくらいの小魚がメインベイトでしたが、爆風と濁りの為、マッチザベイトではなく、クランクやスピナーベイトのアピール力が必要となりました。

161204_hanaki_03.jpg

次第に釣りが不可能なくらい風が強くなり、後ろ髪を引かれつつも今回は午前10時過ぎで終了。
今後、どんどんと水温が下がり状況は厳しくなりますが、ビックフィッシュを狙える季節の到来でもあります。
天候に注意しながらも、これからの時期を楽しんで下さい。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B76H Flip Master
リール:アンタレスDC
ライン:アプロード カモフラフロロ14lb
フック:Gamakatsu トレブル13NS
ルアー:ノーネムクランク #1 5/0、ラパラDT10、B-カスタム5/8oz