2016年 秋シーズンデイゲーム近況

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

今年の秋シーズンは序盤に良いスタートが切れたものの、ベイトの寄りが悪く、数・サイズともに芳しくない状況が続いています。
その中でも条件の揃った日に当たれば、そこそこの数とサイズには恵まれることもありますが、全体的には「渋い」「厳しい」という印象。
貴重なバイトを一つ一つ確実にしていくには、やはりロッド選び、入念なフックのチェック、フックに合わせたドラグ設定が重要です。

161022_miyazaki_01.jpg

ロッドは使用するルアーの特性と展開したい釣りに合わせてチョイスしたいですね。
僕個人的にはLUXXE ソルテージ チータ RR 90MLが非常に気に入っています。

フックのポイントチェックは言わずもがな。
乗らないアタリが出るときに、新品のトレブルに交換したらアッサリ乗ったというのは良くあります。
バラす、乗らない、そんな時は迷わずフック交換です♪
僕個人的には、刺さりに重きを置いているので、圧倒的にGamakatsu トレブルRB M(ミディアム)をすることが多いです。

161022_miyazaki_02.jpg

最後に、ドラグ。
近年デーゲームで使用するルアーに装着されているフックが小型化していますので、外掛りしたフックをできる限り伸ばさずに捕るために、フックの強度に合わせたドラグ設定をマメにおこないたいところです。
魚と引っ張り合いをせず、優しくランディングをすることでキャッチ率は上がると感じています。

「鬼刺さり」のGamakatsu トレブルRB M(ミディアム)で掛かる魚の「数」は格段に上がります。
「当たったが乗らなかった」が「ヒット」になるからです。
ヒットの数は増えます。
ただし、掛かるフック故に、外掛かりしているケースも多々あります。
やはり特に自重のあるルアーだと、エラ洗いでバレやすくなります。
それをドラグ設定で補完してやることにより、キャッチできる個体数は確実に増えます。

「フックで釣りが変わります」!

161022_miyazaki_03.jpg

ちょっと長くなってしまいましたが、日頃感じていることをこの場をお借りしてご紹介させていただきました。

さてさて、秋も深まってきて、いよいよ最盛期を迎えます。
今年の秋にはどんな魚に出会えるか楽しみです。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ソルテージ チータ RR 90ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)