JBⅡ東条湖第2戦 W.I.S.フラットストレート 3.75インチで優勝♪

松村 真樹 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 7月31日
■場所 ・・・ 兵庫県 東条湖

皆さんこんにちは。
ラグゼスタッフの松村真樹です。

7月31日(日)に私のホームグランドであります兵庫県東条湖で開催されましたJBⅡ東条湖第2戦に参戦し、優勝することが出来ました。
今回は大会の模様をレポートさせていただきます。

【前日プラクティス】
いつもの通り、泊まり勤務明けで眠いまま11時に東条湖へ到着。
ボートの準備をして11時30分から遅めのプラクティスを開始しました。
前週に東条湖で開催されたチャプター戦では、ライトリグを使って本湖のディープエリア、上流のシャローエリアなど色々なエリアで釣れており、「ここ」と決まったエリアはない感じでバスがキャッチされていました。
それらのエリアをGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチを使ったダウンショットやネコリグでテンポよく探っていくと、釣れてくるのは25センチ未満のノンキーパーばかり。
やっと25センチあるキーパーを3本キャッチしても、そのウエイトでは勝てるとは思えず、勝つことだけを意識してグッドサイズのバスを探し回ると、本湖の浮きものに40センチ~50センチのグッドサイズが付いていることを確認出来ました。
釣ってしまえば翌日は確実に釣れなくなるため、この日はバスの位置だけを確認、ルアーをキャストして反応もみることなく、翌日の試合は浮きものに付くバスを狙おうと決意してプラクティスを終えました。

【試合当日】
当日は朝からドピーカンの晴れ。
バスは確実に浮きもののシェードを意識するはずだと確信して、準備を整えてスタートしました。
スタートしてまず向かったのは、本湖の南に位置する浮きもの「ひめはくちょう」。
ビッグベイトやスピナーベイトで手早く探りましたが、バスからの反応がありませんでした。

次に向かったのはスタート場所に近い、これも浮きもの「ヘリコプター」。
このポイントはヘリコプターの形をした足漕ぎの遊覧ボートを複数繋いで係留しており、大きなシェードを形成しています。
先ほどと同じく巻き物で手早くサーチしましたがバスが追いかけてくる姿は確認出来なかったので、じっくりルアーを見せるためにGamakatsu A.C.S.マルチクロー 3.75インチのテキサスリグをキャストしフリーフォールさせました。

160813_matsumura_01.jpg

すると、突然ロッドティップに重みを感じたのでフッキング!
上がってきたバスの姿を確認すると「デカい!」。
しかし、ここでヘリコプターを取り囲むように設置してあるブイをかわそうと少々強引に引き抜こうとしたところでまさかのバラシ。
泳いでいくビッグバスの姿を呆然と眺める事しか出来ませんでした。
まだスタートして1時間しか経っておらず、「チャンスまだまだはある」と気持ちを入れ替えて再び本湖の浮きものをランガンすることにしました。

そしてこの日のファーストフィッシュは本湖ダムサイトのブイ周り。
9時30分ごろGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチのネコリグをブイの際にキャストしてしばらくフォールさせると、27センチほどのキーパーサイズをキャッチすることに成功しました。
狙っていたサイズとは違ったため本当にこのパターンで大丈夫なのかと疑問に思いましたが、自分を信じてやり通すことに。

そしてキッカーフィッシュとなるビッグバスをキャッチしたのは、本湖から少し渓谷を入ったところにあるストラクチャーの「取水ポンプ」。
年間を通してサイズは選べないもののバスが付くことで知られるポイントです。
そこへ1本目をキャッチしたのと同じくGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチのネコリグをキャストしフォールさせていくこと10メートル付近で微かにバイトを感じたのでフッキング!
生命感を感じた途端ドラグが鳴り、どんどんラインが出ていくため、当初バスではなく鯉か何かと思ったほどでした。
取水ポンプに巻かれないようにゆっくりと湖の沖へ魚を誘導して勝負開始!
ラインは3ポンドということもあり、無茶は出来ず慎重にやり取りしてネットイン!
久しぶりに「よっしゃー!」と叫んでしまうほどのビッグバス!
一目見ただけで2キロは確実にあるだろうと思いました。

この後、再び「ヘリコプター」でGamakatsu A.C.S.マルチクロー 3.75インチにバイトがありましたが、すっぽ抜けてしまいました。
残りのほとんどの時間を弱ってきた魚のケアに使ってタイムアップ。
2本で帰着・検量へ向かう事になりました。

検量の結果、52センチ、2,200グラムのバスを含む2本で2,495グラム!

160813_matsumura_02.jpg

ほかにビッグバスはキャッチされていなかったものの、多くのバスが持ち込まれたため優勝出来るのか心配になりましたが、表彰式では最後に呼ばれて優勝!
前戦の悔しい準優勝のリベンジを果たすことが出来ました。

最終戦を残して現在首位と同ポイント。
年間優勝目指して頑張ります!

今大会で最も活躍してくれたのは何といってもGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチです。
Gamakatsu ワーム329 ハンガーSFとの相性も抜群で、フォール中タフったバスに猛烈にアピールしてバイトに持ち込んでくれます。
そして、バスをキャッチすることは出来なかったもののGamakatsu A.C.S.マルチクロー 3.75インチもワームボディ内にエアルームがあり、こちらも高浮力によりバスにアピールしバイトを誘発してくれます。

160813_matsumura_03.jpg

更に、今回ビッグフィッシュをキャッチした際に使用したロッドはLUXXE ATS05 S61UL Fine Master "SOLID SENSOR"です。
ソリッドティップを搭載することにより、タフったバスに違和感を与えることなくバイトさせることが出来ます。
タフった時にはこのロッド!
本当に頼りになりますので是非使ってみてください!

■タックルデータ
<ネコリグ>
ロッド:LUXXE ATS05 S61UL Fine Master "SOLID SENSOR"
リール:2000番スピニング
ライン:フロロ3lb.
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF
シンカー:ミサイルシンカー1/32oz
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ

<テキサスリグ>
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
リール:ベイトリール
ライン:フロロ14ポンド
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R
シンカー:バレットシンカー3/8oz
ルアー:Gamakatsu A.C.S.マルチクロー 3.75インチ