2016年 磯ヒラゲーム

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月中旬
■場所 ・・・ 地磯

毎年、春シーズンは磯を中心に釣行しています。
春シーズン特有のベイトのコウナゴに着いたシーバスはコンディションも良く、非常にエキサイティングなゲームが展開できるので、とってもクセになるんです。
良い思いを何度もしていますし、いつも春が待ち遠しいです。

しかし、しかし、コウナゴや悪くてもカタクチイワシの接岸を期待していたのですが、今年の春はどうも接岸状況がすごく悪いようで、当エリアのどこからも良い釣果がなかなか聞こえてきません。
うまくタイミングが合えば釣れるのですが、こちらにタイミングを合わせてくれるはずもありませんので、なかなか苦戦を強いられています。

160614_miyazaki_01.jpg

今回は風向きをみて、当地では貴重なヒラスズキが獲れる磯に釣行しました。
ロッドは、LUXXE ソルテージ チータ RR 106MHです。
真横から強い風が吹き付けますが、力ずくでねじ伏せてキャスティングします。

朝マヅメのベストな光量になったその時、カチーン!と硬質なバイトを拾いました。
バイトの感じ、ヘッドシェイクのスピードからすぐにお目当てのヒラスズキだと確信できます。
手前が沈み根だらけで、少しでも潜られるとラインブレイク必至なので、パワーに任せて一気にランディング。

160614_miyazaki_02.jpg

美しい魚体を眺めて至福の時間に浸って、ゆっくり蘇生してリリースしているうちに、どうやら時合が終了してしまったようです(笑)
後はバイトが続きませんでした。

やっぱり磯では、このパワーとキャスティング性能が本当に頼りになります。
改めて実感した朝でした。

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ソルテージ チータ RR 106MH
フック:Gamakatsu トレブル13