中部河川レポート

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月3日
■場所 ・・・ 五三川

こんにちは、ラグゼスタッフの大津です。
ポカポカ陽気が続き、過ごしやすい季節になってきましたね。
春=スポーニングということで、地元河川にて良型を狙ってきました。

160419_otsu_03.jpg

桜も満開で、連日最高気温が20℃越え。
そして、一年で良型のバスを高確率で釣る事ができる季節です。
しかし、久しぶりの地元河川。
何処までスポーニング行動が進んでいるのか分かりません。

ファーストポイントに到着して状況を確認すると、今までに見た事のない減水。
普段なら見えない岸際のストラクチャーが丸見えです。
ここまで減水しているとシャローエリアは反応がないと思い、ファーストブレイクやコンタクトポイントを狙う事にしました。

160419_otsu_02.jpg

まずはスポーニングエリアのフラットをLUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"を使用して、Gamakatsu スパット MR-65(フローティング タイプ)で広範囲をチェック。
狙うエリアの水深は1m以内と浅く、数多くのストラクチャーが沈んでいます。
フローティング タイプを使用しているので、高さや込み合っているストラクチャーでも浮かす事によって回避できます。
水深が浅いため、浮かす際にはラインテンションを張り、浮かすスピードを調節。
そして、ファーストブレイク付近のストラクチャーにルアーが当たり、浮かせた瞬間にルアーの重みが消えました。
手前に走っていたので、ラインスラッグを取りフッキングし釣る事に成功。
そして、同ポイント・アクションで狙うと連続でバイト。
その後は反応がなくなり、ポイント移動することにしました。

160419_otsu_01.jpg

160419_otsu_04.jpg

次に狙うポイントはシャローに上がってくる際のコンタクトポイントです。
自分が狙うコンタクトポイントは杭・ガレ場・オダ等。
今回は朝一にファーストブレイク付近にて反応があった事から、ファーストブレイク付近のコンタクトポイントを狙います。
ブレイク沿いには多くの杭が存在するので、杭から素早く離す事ができるロッドパワーがあるLUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"を選択。
リグはGamakatsu スパット MR-65(フローティング タイプ)を浮かせた時に反応があったので中層にサスペンドしていると思い、ダウンショットで狙います。
杭にタイトにキャストしていくと連続で大小問わず、釣る事に成功。

160419_otsu_05.jpg

良型を掛けた際も杭に巻かれた場面がありましたが、少し強引にやりとりし釣る事ができたのもLUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"のバッドパワーがあったからこそだと思います。

■場所:五三川

■タックルデータ
ロッドLUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:フロロ10lb.
ルアー:リングワーム
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム

ロッド:LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"
ライン:フロロ7lb.
ルアー:Gamakatsu スパット MR-65(フローティング タイプ)、リングワーム
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム