和歌山県南紀のタイラバ

主原 剛 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 2月12日
■場所 ・・・ 和歌山県 田辺沖

和歌山県南紀の田辺沖までタイラバに行ってきました。
和歌山県のタイラバと言えば紀北の加太周辺が有名ですが、南紀もマダイのストック量は多く、楽しめます。

マダイの生息数が多いとはいえ、時期は2月の水温低下の時期です。
しかも、2日ほど前から水温が2℃低下しているとのことで、餌船では全くと言っていいほどマダイが食ってこない状況とのこと。
沖に出てみると、潮速は0.5ノット程とすべての条件がかなり厳しい感じでした。

海水温が下がった影響でマダイは深場に落ちているとのことで、船は水深90mのポイントへ移動しました。
磯についているマダイをダイレクトに狙うのではなく、ゴロタの底に回遊するマダイを船で流しながら探っていくドテラ流しで狙うために、Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ(今春発売予定) 、シンカーは重めの100gをチョイス。
ロッドはこれまた春発売予定のLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rとギア比5.5のベイトリール(ローギア)にPE0.8号リーダーフロロ3号を巻いたものを組み合わせたタックルセレクトしました。

160304_nushihara_03.jpg

ちなみに、Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカーはネクタイが絡む等のトラブルを防ぐと同時により効率良くネクタイが動く構造となっています。
LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rはその名の通り感度が特段に良いソリッドティプを備えており、僅かな水流の変化も見逃さない優れものです。

いざ釣り始めてみると渋い状況のはずがロッドに伝わる違和感を的確に捉えて、一流し目から本命マダイをゲット!

160304_nushihara_01.jpg

アオハタ・オオモンハタを小型のハタ類を連続ゲットした後は50cmの良型マダイもゲットとなりました。

160304_nushihara_05.jpg

気を良くして更に巻き続けると、また微細な違和感が感じられたのでスイープな合わせを入れてみると今までとは比較にならない重量感とともにドラグが逆回転してラインが引き出されます!
デカイ!と、すぐさま少しだけドラグを緩めて慎重なやり取りの末に上がってきたのは68cmの大マダイ!

160304_nushihara_02.jpg

更には50cmクラスのマダイも追加して、この日のタイラバは納竿となりました。

160304_nushihara_04.jpg

冬場の厳しい時期とはいえ、マダイを誘う能力に長けたGamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカーと違和感を的確に伝えて確実に食い込ませる繊細なソリッドティップを備えたLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rは今期タイラバのマストアイテムです!

■場所:和歌山県 田辺沖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R
リール:ジリオンTW1516
フック:Gamakatsu サーベルポイント(ナノスムースコート)
ルアー:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカー 100、200g