エリアトライでキャッチ率アップ!

橋本 久弥 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 2月上旬
■場所 ・・・ 秋保エリア

2月上旬、秋保フィッシングエリアへ行って来ました。
この時期になるとトラウトはエリアのみの釣りになりますが、ネイティブとはまた違った特性が結構クセになる釣りです。
エリアの魚は生まれてからずっとペレットというエサを主食としているので、興味があるカラーとか、誘い方とかがネイティブとは別に考えた方がいいです。
と、いうより、ネイティブライクなエリア以外なら、ネイティブは一旦忘れた方がいいと思いす。
今回の秋保エリアではアベレージサイズが小さい事により魚自体の重量がないので、自分から掛けていくというようなフッキングをしないと思うように掛かりません。
どっちかというと、テクニカルなエリアだと思います。
が、放流が入れば、初心者の方でも手軽に釣れちゃうエリアでもあります。

160225_hashimoto_01.jpg

このエリアには、3つのポンドがあります。
この日は3号池が凍っていて釣りができないので、1号池と2号池で釣りをしました。
どちらの池も放流が効いてる時には手返し勝負となりますが、問題はその後で、一気に反応が悪くなってから、どのように釣るかが難しくて、思考錯誤の繰り返しが クセになってます。
様々なルアーをローテーションし、レンジや波動を変えてアプローチするのですが、なかなかピッタリとはめる事が難しく、一本一本をキャッチしながら合わせていくという感じになります。

160225_hashimoto_02.jpg

アベレージサイズが小さめで、本当にシビアなバイトの時には、LUXXE エリアトライ 62FL-solid.Fが非常に味方になってくれました。

160225_hashimoto_03.jpg

繊細なソリッドティップで感度、描けやすさが間違いなくキャッチ率を上げる武器となります。
また、トップウォーターの巻きで乗せるとか、軽めのクランクにはLUXXE エリアトライ 62FL-SLOWが抜群の乗りの良さがあります。
他のULシリーズ3機種も巻きからボトム、クランク以外のプラグにも幅広く高いレベルで対応できるラインナップになっているので、刻々と変わるパターンに合わせて、その時のエリアトライを選び使用しています。

■場所:秋保エリア

■タックルデータ
ロッド:LUXXE エリアトライ 62FL-SLOW
    LUXXE エリアトライ 62FL-solid.F
    LUXXE エリアトライ 62UL-FAST
    LUXXE エリアトライ 62UL-REGULAR
    LUXXE エリアトライ 62UL-solid.F
ライン:PE009
スプーン:ファクター、チェイサー、ミュー
フック:Gamakatsu シングルフック59BL ホールディングマスターコンペティション #8~6
    Gamakatsu シングルフック58BL フッキングマスターコンペティション #8