中部河川レポート

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月某日
■場所 ・・・ 五三川 津屋川

こんにちはラグゼスタッフの大津です。
皆様明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

さて、今回は初バスを求めて地元河川に行ってきました。

前日に用意しましたロッドは、計5本。
テキサス用に、LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"。
ライトテキサス用に、LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"。
シャッド用に、LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"。
スモールラバージグ用に、LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"。
ダウンショットに、LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"。

今年の初冬は暖冬。
気温が下がらないまま春を迎えると思っていましたが、釣行日の前日から寒波が到来しました。
釣行日の気温は最低・最高共一桁台。
冬到来で防寒対策をしないと釣りどころではない程に寒かったです。

最低水温まで下がり、釣る事が難しい季節。
そして、数少ないチャンスをものにできるかが問題で、中々バイトが無く心が折れそうになりますが、信じてやり通さないと答えがでない季節です。

160126_otsu_01.jpg

ファーストポイントは、ある程度風がブロックできて、状況変化が少ない安定している冬のポイントで釣り開始しました。
まずはストラクチャー周りをLUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"を使用して、ダウンショットをタイトにキャスト。
着底後、ワンアクションでバイトがあり、初バスを釣る事に成功しました。
これは簡単に釣れるかもと思い、一通り探りましたが反応はなく、ポイント移動。

次は水深があり、北風の影響を受けないポイントです。
先程同様のリグで最深部にキャストし、ボトムに着底後ズル引き&ステイでスローに探りますが、反応がありません。
そこで、LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"を使用して、スモールラバージグをボトムでズル引き&ステイを繰り返します。
四方八方に探りましたが、無反応。

晴れたタイミングでオーバーハングにLUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"を使用して重めのテキサスをリアクションで狙いましたが、こちらも無反応。
時間だけが過ぎていくばかりです。

160126_otsu_02.jpg

そこで、朝一に反応があったポイントに移動することにしました。
LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"を使用して、Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチのワッキーダウンショットを朝反応があったストラクチャーにキャスト。
着底後、細かくシェイクしてステイ。
すると明確なバイトがあり、釣る事に成功しました。

もう1度、先程同様のアクションをさせてステイ。
するとラインが走り、連続キャッチです。
再度キャストし、着底後にステイさせると違和感があり、フッキング。
3連続キャッチです。

160126_otsu_03.jpg

その後は案の定、反応はありませんでした。
この時期に連続キャッチできたのは初めてで、自分でもビックリです。

一通り探りましたが反応はなく、ポイントを移動しました。
しかし反応なく、再度反応があるポイントに入り直して先程と同様のリグで狙うと明確なバイトがあり、釣る事に成功したところでストップフィッシング。

160126_otsu_04.jpg

今回はGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチが大活躍しました。
ワームの比重が水の比重に限りなく近い為、アクション時ナチュラルな動きをしてバスを誘います。
また、水中でサスペンドさせる事も可能です。
この時期はサスペンドする個体も多いので欠かせないアイテムになるでしょう。

■場所:五三川 津屋川

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:フロロ 4.5lb.
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ、リングワーム
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF
    Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム