Q.S.S.採用のプロトワーム

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月中旬
■場所 ・・・ 福岡市 玄海島

今回は釣り人社同行で「ルアーパラダイス九州」のアジング特集の取材で行って来ました。
玄界島は博多港から定期船で約35分で着くため、アクセスしやすく、人気の離島です。
漁港は大きく水深もそれなり有るため、秋口から良いサイズのアジが接岸してくれます。

151022_yamamoto_01.jpg

当日は昼過ぎに渡り、夕マズメと波止泊まりで朝マズメをしてきました。
しかし、アジは居るのにマズメタイムではそんなに食いが起たずシビアでしたがジグヘッド単体、キャロ、フロートを駆使し居るレンジやリグのウエイトで苦労しました。
一番ハマったのがジグヘッド単体。
1.0gより重くすると食わなかったです。

151022_yamamoto_07.jpg

151022_yamamoto_08.jpg

151022_yamamoto_09.jpg

風もあったので0.75gのGamakatsu スイミングコブラと1.0gのGamakatsu キャロヘッドに、今回初使用のがまかつのプロトワーム ストレートタイプ 2インチでタフなアジに口を使わせました。
このプロトのワームには2種類あり、どちらにもQ.S.S.(クイックセッティングシステム)が搭載してあります。
ストレートシャンクのフックをオフセットフックをセットするように簡単で素早くフックを真っ直ぐ刺すことができます。

151022_yamamoto_03.jpg

セットするとワームの腹部のスリットから刺したフックのシャンク部が見えます。

151022_yamamoto_04.jpg

使ったら良く解りますが、Q.S.S.のお陰で安定した姿勢を水中で維持してくれて、特にアジに関してワームを吸い込む際に折れ曲がり妨げないデザインになっています。
それと後方から啄ばむようなアタリなどでワームを後方にズレにくく、むしろ前方向にズレるからフッキングの妨げにならいです。

151022_yamamoto_05.jpg

151022_yamamoto_10.jpg

周りが釣れてない状況の中で素晴らしい威力でした。

151022_yamamoto_11.jpg

151022_yamamoto_12.jpg

151022_yamamoto_13.jpg

後、離島や遠征には欠かせないのがスリムロッドケースです。
私はGamakatsu スリムロッドケースの1450mmを使用しています。

151022_yamamoto_06.jpg

151022_yamamoto_02.jpg

セミハードになってるため、繊細なティップのLUXXE 宵姫EXを3本入れても余裕の安心感で釣りに行けます。

■場所:福岡市 玄海島

■タックルデータ
<ジグヘッド単体用>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF
ジグヘッド:Gamakatsu スイミングコブラ 0.75g
      Gamakatsu キャロヘッド 1.0g #3
ワーム:Gamakatsu プロトストレートタイプ2inch、ロッキースラッグ45mm+60mm

<キャロ用>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S74L-solid.RF
ジグヘッド:Gamakatsu キャロヘッド 0.4g #4
ワーム:ロッキースラッグ45mm+60mm

<フロート用>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S83M-solid.RF
ジグヘッド:Gamakatsu キャロヘッド 0.4g #4
ワーム:Gamakatsu プロトストレートタイプ2inch、ロッキースラッグ45mm+60mm

その他:Gamakatsu スリムロッドケース(145)