明石ジギング好調です

主原 剛 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月18日
■場所 ・・・ 明石沖

明石海域のジギングが今年も好調です。
一時はベイトの変わり時期に入って釣果が渋くなりましたが、やっと冬らしいベイトパターンになってきたようなので私も出かけてきました。

当日の天候は雨、午前中まだ降りだしていない間に明石海峡東側の神戸沖でタチウオを狙います。
神戸沖のタチウオもシーズン初めよりは型が良くなって指3.5~4本クラスがアベレージ。
今年のタチウオは例年よりもフォールでの釣果に偏っている気がします。
そんな私のタチウオタックルは乗せ重視のソリッドティップを備えたGamakatsu ライブラ ML 1.95m、0.8号のPE+10号リーダー、一瞬のフォールで横を向かせるジグにGamakatsu F1カットウ鈎を使用したリグをリアのみにセット。
タチウオジギングにおいてフォールでのヒットに偏る場合はフックはリアのみにセットした方が手返しが良いです。
フロントの鈎に喰わせると歯とリーダーが近いのでブレイクの要因となってしまいます。

151208_nushihara_01.jpg

タチウオジギングは開始早々から良型がヒット!
Gamakatsu ライブラのソリッドティップが違和感なく食い込み綺麗なカーブを描きます。

ひとしきりタチウオを釣り上げた後は青物ジギング。
しかし、神戸沖の大型青物のポイントはこの日は不発だったために明石海峡を超えて西のハマチポイントに移動します。

151208_nushihara_02.jpg

西の播磨灘では地元でフルセと呼ばれるイカナゴの成魚がようやくベイトにる季節になりました。
こうなってくると強めのロッドではアクションが強すぎてジグが跳ねてしまいヒットしません。
かと言って柔らかすぎるロッドでは伸されてしまい、万が一の大物にも対応できません。
こうなると、LUXXE オーシャン ジグドライブの独壇場!
特にB60L-RFとB60UL-RFは柔軟なティップと魚を浮かせるバットからベリーにかけての力に優れるおすすめロッドです。
フックはGamakatsu アシスト64 近海ミディアム 5/0をシングルで使用しました。

151208_nushihara_03.jpg

難しいと言われる明石海峡西側のジギングですが、ロッドのチョイスさえ間違わなければボトムから3シャクリ程でヒットが連発します。
この日も立て続けに美味しい思いをさせてもらいました。

昼過ぎに土砂降りになってしまったために終了。
今期もまだ年末まで明石ジギングを楽しめそうです。

■場所:明石沖

■タックルデータ
<タチウオジギング>」
ロッド:Gamakatsu ライブラ ML 1.95m
リール:RYOGA
ライン:PE0.8号+リーダーフロロ10号
フック:Gamakatsu F1カットウ鈎
ルアー:SANDLANCE120g

<青物ジギング>
ロッド:LUXXE オーシャン ジグドライブ B60L-RF
リール:キャタリナLD20SH
ライン:PE1.5号+リーダーフロロ8号
フック:Gamakatsu アシスト64 近海ミディアム 5/0
ルアー:ENER FURUSE 115g