中部河川レポート

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月8日
■場所 ・・・ 津屋川

こんにちは、ラグゼスタッフの大津です。
すっかり秋めいてきまして、紅葉がとても綺麗な季節。
冬の訪れはそこまで来てますね。
さて、今回は短時間地元河川に行ってきました。

前日に用意しましたロッドは、計4本です。
フットボール用に、LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"。
巻物用に、LUXXE ATS05 B68ML Crank Master "SHALLOW"。
ワッキーダウンショット用に、LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"。
シャッド用に、LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"。

釣行日は前夜から雨が降り続き、自分的にはあまり良くない状況だと思っていました。
ファーストポイントに到着し、状況を確認すると思っていた通りでした。
濁り、流れ、減水。
この時期は気温と共に水温も下がり始めるため、徐々にバスの活性も低くなり釣り難くなります。
そこに今回のマイナス要素が重なり、最悪なコンディション。

まずは減水+冷え込みの影響を受けやすいシャローエリアはパス。
流れが当たるアウトサイドもパス。
インサイドのブレイク+オダが沈んでいるポイントを、LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"を使用して、ワッキーダウンショットをキャストしました。
オダにリグを絡ませながらズル引き+ステイを繰り返します。
ステイを入れた直後にショートバイト。
瞬時にフッキングしましたが、掛ける事ができませんでした。
その後も反応がなく、ポイント移動。

各ポイントで色々なリグを使用して探りましたが状況が悪く、反応がないまま時間だけが過ぎていきました。
移動する中、北風と流れの影響がなく、他よりも水質が良いポイントを発見。
連打杭が入っており、杭周りにはオダが入っていました。
そこでもう一度、LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"を使用して、ワッキーダウンショットで杭ではなくオダから狙います。
オダの切れ目にキャストし、着底後すぐにバイトがありフッキング。
ロッドから伝わるバスの引きですぐに良型と解り、杭に巻かれない様に慎重にやりとりして釣る事に成功しました。

151113_otsu_03.jpg

再度同ポイントにキャストすると、着底後にバイトがありフッキング。
今度は可愛いサイズでした。

151113_otsu_02.jpg

そして、また再度同ポイントにキャストすると、先程と同様着底後にバイト。
アベレージサイズを釣る事に成功しました。

151113_otsu_01.jpg

次も同ポイントにキャストしましたが、バイトはありませんでした。
しかし、3連続キャッチをできた事に自分でもビックリ。

その後はオダからのバイトはなく、杭を直接狙う事にしました。
先程釣ったバスの引きが強い事から、杭に巻かれる事を想定し、フックガードが強いGamakatsu ワーム329 ハンガーHDに変更。
杭に対してタイトにキャストし、ズル引き+ステイで狙いましたが、反応がありません。
活性が低いのかなと思い、杭の真横で1点シェイクさせると明確なバイトがあり、即フッキング。
素早く杭から離し、釣る事に成功しました。

151113_otsu_04.jpg
その後はバスからの反応がなくストップフィッシング。

LUXXE ATS05シリーズのベイトフィネスモデルB68L B-Fine Master "VERSATILE"は操作性が良く、普段スピニングモデルで使用するリグ全般を使用出来て、テンポ良く釣りが出来ます。

■場所:津屋川

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:フロロ 7lb.
ルアー:スワンプJr
フック:Gamakatsu ワーム318ワッキー
    Gamakatsu ワーム329 ハンガーHD