強風の中、「獲るロッド」が大活躍!

橋本 久弥 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月25日
■場所 ・・・ 宮城県 雄勝湾、女川港

10月下旬、パワーオーシャンカップ東北第2戦に参戦しました。
エリアは地元宮城県の雄勝湾、女川湾の足場の良いエリア限定で、どちらのエリアも捨てがたい魅力がある湾です。
女川に走るか、会場から近い雄勝にするか、各参加選手はかなり迷ったと思います。
自分のプラの感覚で言うと、女川湾はアベレージは小さいがリミットは揃えられる、雄勝湾はリミットは分からないがキッカーが期待できる、という感じでした。
まともに揃えられれば、雄勝だと分かってはいました。
しかし、手堅さを取って女川湾へと走りました。

予想では、自分が入るポイントはかなりの選手が入るだろうと思っていました。
ポイントに到着すると、立ち位置約20mの間に5人。
やはり、と思いましたがとりあえず入れたので、早速キャストを開始しました。

1投目からバイトがありました。
キャッチしたのは、結果的にこの日最大となったアイナメでした。
その後、数投でリミット3本が揃いました。
この時点ではまだまだウエイトアップができると思っていましたが、すぐに強風が吹き始め、入れ替えどころか釣りをするのがつらくなりました。
作戦を変更してエリアを少しだけ変え、風を背中に受ける形で、風を味方にして遠投。
数投目にかすかなバイトを掛けて入れ替えに成功しました。

151113_hashimoto_01.jpg

まだウエイトを伸ばしたかったのですが、風は強くなる一方。
ウエイト的に微妙でしたが、このエリアではこれ以上のウエイトアップは願えないと思い、早めに帰着しました。

なんと、自分が検量一番乗りで、諦めるのが早いというかなんというか微妙な心境。
その後、続々と選手達が検量をしに帰ってきました。
結構良い魚を持っている選手がいたので、シングル順位に残るかな~と思って表彰式を迎えたら5位に入賞してビックリ。

151113_hashimoto_02.jpg

強風のせいでウエイトアップできませんでしたが、それは全選手同じ事。
逆に、早い段階でリミットを揃える事がいかに大切かを学んだ大会でした。

この大会では、LUXXE DAIDARA S94Hが大活躍!
このロッド1本しか使用しませんでした。
遠投し、着底と同時にくるバイトをキッチリ掛ける事ができるロッドはかなりのアドバンテージがあり、掛けたあとのファイトも楽勝です。
まさに、獲るロッドです。

■場所:宮城県 雄勝湾、女川港

■タックルデータ
ロッド:LUXXE DAIDARA S94H
リグ:テキサスリグ1~2oz
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R