パワーオーシャンカップ第3戦

橋本 久弥 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月上旬
■場所 ・・・ 岩手県 山田湾

11月上旬、岩手県山田湾にて行われたパワーオーシャンカップ第3戦に参加しました。
前回は5位だっただけに、年間上位者のみ出場できるクラシックの資格さえ取れればと楽な気持ちで参加。
とは言っても、前週の土日にきっちりプラに入りました。
プラの感じとしては圧倒的にアイナメの数が少なく、代わりにキーパーサイズ前後のクロソイが多く釣れるものの、釣り方にもよりますが、でかいアイナメもチラホラ混じる...という感じでした。
そのアイナメをどうやって3本揃えるかが悩みの種でした。
全てのエリアを回り、幸運にもアイナメを3本キャッチできるとしたら、このエリアしかないなと一カ所に絞り、プラを終了しました。

151125_hashimoto_01.jpg

今回は、約130名の参加者がいて、その中で91番目のスタート。
入りたいポイントは埋まってると思いながら向かいました。
やはり、見たことがある顔ぶれがズラリ。
自分は防波堤の中間くらいの場所で開始しました。
期待しながらキャストを開始すると、全く反応なし。
前週とは違うのか、プラで叩かれ過ぎたのか?
とにかく、このエリアには魚はいると確信していたので、2時間ちょっとその場で粘りましたが、結果はワンバイトのみ。
しかも、グッドサイズらしきバイトでしたが、なぜかフッキングせず、朝からリズムが悪いと自分で感じていました。

少し冷静になり考え、朝一番から釣れている感じの岸壁に移動しました。
またもや、凄いメンツがズラリ。
この時点でまだノーフィッシュなので、1本でもキャッチできればとキャストすると、1投目にモゾッというバイトがありました。
乗ってくれという思いでアワセました。
キャッチできたのは、なんと1キロオーバーのナイスキーパー。
これで、朝の悪いリズムを脱出し、追加を狙います。
角度をズラしながら探ると、またモゾッとバイト。
それもキャッチすると、またもやキロフィッシュでした。

151125_hashimoto_02.jpg

その後すぐに小さいクロソイを獲り、リミットメイク。
どうにかクロソイを入れ替えたいと、真剣モードです。
そして、今日一番のキッカーがヒット。
かなりデカいと思いファイトしたが、なんとフックオフしてしまいました。
さすがに崩れ落ちました。
それでもギリギリまで頑張りましたが、入れ替えができずに終了。
あの1本がキャッチできれば...と暗い気持ちでウェイインしました。
2キロちょっとじゃ入賞はないと思っていましたが、結果は3位と上出来でした。

151125_hashimoto_03.jpg

今回もLUXXE DAIDARAが大活躍。
朝一番は近~中距離をB88XHでテンポ良く探り、そのあとにS80H、S94Hで幅広く探りました。
細かな誘いにはLUXXE DAIDARA S80Hを、大遠投にはLUXXE DAIDARA S94Hと使い分けました。
特に、LUXXE DAIDARA S94Hはフルキャスト直後のバイトまで軽く掛ける事ができるので、陸っぱりでは欠かせない一本です。

■場所:岩手県 山田湾

■タックルデータ
ロッド:LUXXE DAIDARA S94H
ライン:Gamakatsu シリコンストッパー 1.5号
リーダー:フロロ16lb.
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R #1
    Gamakatsu ワーム321 バルキースタイル #1
リグ:テキサスリグ1oz~1、2oz

ロッド:LUXXE DAIDARA S80H
ライン:Gamakatsu シリコンストッパー 1.5号
リーダー:フロロ14lb,
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R #1
    Gamakatsu ワーム321 バルキースタイル #1
リグ:テキサスリグ21g

ロッド:LUXXE DAIDARA B88XH
ライン:PE2号
リーダー:フロロ18lb.
フック:Gamakatsu ワーム316