地元河川レポート

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月23日
■場所 ・・・ 五三川

こんにちは、ラグゼスタッフの大津です。
皆様シルバーウィークは釣りにお出掛けになりましたか。
今回はシルバーウィーク最終日、ハイプレッシャーの五三川に行ってきました。

150930_otsu_01.jpg

前日に用意しましたロッドは、計5本です。
テキサス用に、LUXXE ATS05 B610MH MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"。
フロッグ用に、LUXXE ATS05 B68M Multi Mission"MEDIUM"。
巻物用に、LUXXE ATS05 B68ML CRANK MASTER"SHALLOW"。
ワッキーダウンショット用に、LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master"VERSATILE"。
ジグスピナー用に、LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master"MOVE"。

150930_otsu_02.jpg

シルバーウィーク最終日は、午後から半日だけの釣行でした。
連休最終日ということで、連日プレッシャーがかかりバスの反応が悪いと感じていました。
そこで見えているストラクチャーはパスして、水中の沈み物を狙う事にしました。

ファーストポイントは護岸沿いに沈む、沈み杭+オダにLUXXE ATS05 B68L B-Fine Master"VERSATILE"を使用してワッキーダウンショットをキャスト。
杭とオダに絡めながらスローに引くと明確なバイトがありました。
幸先良く釣る事に成功。

150930_otsu_03.jpg

普段なら周りのストラクチャーも狙いますが、今回は沈み物のみを狙うためすぐに移動しました。
次に向かった先は沈みブッシュ。
まずは浅いレンジにLUXXE ATS05 B610MH MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"を使用してテキサスを入れていきますが、反応がないので徐々に深いレンジを狙いました。
そして、先端付近の枝にテキサスを絡めながら丁寧に落としていくと違和感がありフッキング。
すぐにブッシュから離そうとしましたが、枝に絡んでいます。
ロッドパワーがあるので強引にやりとりして無事に良型をキャッチする事ができました。

150930_otsu_04.jpg

その後は反応がないので移動しました。
移動した先は沖にオダが沈んでいるポイントです。
数十年前は水中からオダが見える程入っていましたが、年々朽ち果て今は減水しない限り見る事ができません。

オダの周りにLUXXE ATS05 B68L B-Fine Master"VERSATILE"を使用してワッキーダウンショットをキャスト。
まずは太陽の位置を確認してシェードができている面を通しますが、反応がありません。

次に上流側をスローにズル引きして、オダに引っ掛けてステイを入れた瞬間にバイト。
すぐにオダから引き離し、良型を釣る事に成功しましたが、後が続きません。
再度同リグで沈み杭を狙います。
沈み杭の奥にキャストしてズル引き。
杭の横をリグが通過した時にラインが走り、フッキングしアベレージサイズを釣ったところでストップフィッシングとなりました。

150930_otsu_05.jpg

五三川は豊富なストラクチャーが存在し、バスがストラクチャーに依存しる事が多い事からオフセットフックやガード付のフックを使用する事が多いです。
中でもネコリグやワッキーダウンショット等は、がまかつ ワーム318 ウィードレスワッキーを主に使用しています。
ガードの硬さが絶妙で、ストラクチャーの抜けも良く、掛りも抜群に良いです。
地元河川では欠かせないアイテムの1つです。

■場所:五三川

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"
ライン:フロロ10lb.
ルアー:WAVY CRAWLER
フック:がまかつ ワーム322 スリムスタイル

ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master"VERSATILE"
ライン:フロロ7lb.
ルアー:スワンプJr.
フック:がまかつ ワーム318 ウィードレスワッキー