引っ叩かれる!?

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月上旬
■場所 ・・・ 兵庫県 北部

今年の夏は普段通うホームエリアを離れて、兵庫県北部に通いました。
そのエリアでの釣果を思い返すと、全体を通して言えたことですが、口の中にすっぽりとルアーが収まる、いわゆる「丸のみ」は僅かで、口の外側にフッキングしていることがほとんどでした。
使用していたルアーのアクションやサイズ、フックサイズ、レンジ、カラーなどの要素もあるとは思いますが、ベイトの種類によるところが大きいのかなと感じました。
ベイトの種類によってバイトの出方に大きく差が出ますもんね。

その外掛かりの多さのせいか、バラシの確率も高かったように感じました。
フッキングの位置が悪くバラシになるのは、ある程度仕方のないことです。
バラシの確率ではなく、がまかつ トレブルRB M(ミディアム)のように少しでも刺さりの良いフックによりヒットに持ち込める数が増えて、結果的にキャッチの数が増えると感じています
特に今回釣行したポイントは顕著というかなんというか、自身も前回の釣行で外掛かりどころか尾ビレにフッキングしていて、そこに通うアングラーさんの話でもスレ掛かりが多いということでした。
ベイトが沸いていて、シーバスが狂喜乱舞しているときにスレ掛かりが多くなるというのは経験がありますが、単発バイトでそれがことごとくスレ掛かりというのは経験がありません。

今回は、全国を股にかけて活躍されている凄腕シーバスアングラーの釣友と一緒に釣行しました。
「あそこのブレイクで決まってヒットする」なんて話をしながらキャストしていると、まさにそのピンで変なアタリのようなものが数回ありました。
前回もその変なアタリのような感触のものがヒットの前後にあったことから、スモールバイブにチェンジ。
数投、いきなりロッドが絞り込まれ、ドラグも鳴りました!
ジーーーーーーーーーーッ!
止まりません。
これは中型のエイでも引っかけたかな...と思い、強引に走りを止めて寄せにかかると、それに気が付いた釣友が「ボラのスレだね」と言いながらネットを持って近づいてきてくれました。
ブレイクと手前側は障害物だらけなので、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 104MH "POWER CONTACT"のロッドパワーをフルに使って、手元に寄せると...あれ?シーバス??
しかも結構デカイ!!
気を抜いた瞬間に、また走り出そうとしたのですが、それも制してネットイン。
コンディションの良い、余裕の70upでした。

150930_miyazaki_01.jpg

尾ビレにフッキングしてスレ掛かりしていたおかげで、エイと間違うほどの重量感のある引きでしたが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 104MH "POWER CONTACT"のみなぎるパワーのおかげで障害物でラインブレイクすることも無くキャッチできました。

「またスレ掛かりだったねぇ」とガヤガヤしてると、釣友も何かアタるなぁと言った直後に、ジーーーーーーーーーッ!と、おっ!ヒットです!
これもやたらとロッドが曲がっているところを見ると、またしてもスレ!?
しかし、強烈な突っ込みの為、ブレイク付近でラインブレイクしてしまいました。

変なアタリが出ていたこと、スレ掛かりばかり頻発すること、この状況を釣友が「尾びれで引っ叩いているね」と言いました。
話を詳しく聞くと、彼のホームエリアでは特定のベイトの時にまさにこの状況が出るとのこと。
尾びれでベイトを叩いてから捕食するんだとか。
ほーーー。
さすが歴戦の猛者です。
いろんな場所で釣りをしているので、様々な状況を知っていて状況判断能力が違います。
しかし、話には聞いたことはありましたが、直面するのは初めてです。
釣友のおかげで、また勉強になりました。

150930_miyazaki_02.jpg

1人だったら、「またスレやった(笑)」で終わっていた話です。
持つべきものはやはり友ですね。
僕の仲間は皆経験豊富な強者揃いです。
いつも刺激を与えてくれ、知識を与えてくれます。
それでいて個性的で面白いので笑いも絶えません。
良い仲間に囲まれていることに改めて感謝感謝です♪

■場所:兵庫県 北部

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 104MH "POWER CONTACT"
リール:ISO-Z 3000LBD
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.6号
リーダー:フロロ3号
フック:がまかつ トレブルRB M(ミディアム) #7~12