北海道ロケ2日目 陸っぱり篇

鹿野 栄健 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月28日
■場所 ・・・ 北海道 根室

北海道ロケ2日目。
本日は日本最東端根室納沙布岬からスタートしての丘っぱりロックです。
全く知らないフィールドで、情報すらほとんどない中でのロケ。
しかも、今回は40UPで与那国ロック釣行というニンジンをぶら下げられたウルトラ級のドキドキの中で実釣がスタートしました。

151027_kano_01.jpg

今回のタックルは、ニューロックロッドLUXXE DAIDARAの中でも陸っぱりに特化したB88XHとS94Hの2本です。

一ヶ所目の納沙布岬周辺の磯周りは昆布漁の船で賑わっていること、全体的に水深が浅いということもあり、開始早々に見切りを付け、周辺の漁港に移動しました。
移動した先の漁港では岸壁にビッシリ生えた昆布撃ちを行うと、早々からバイト反応!
ファーストキャッチはワームサイズのガヤでした。(笑)
その後も数回のバイトも得られ、キャッチできたのはカジカのみでしたが、本命のウサギアイナメの姿も目視できました。

151027_kano_02.jpg

魚の付き場が見えて望んだ歯舞漁港。
防波堤、テトラのストラクチャーに昆布が生い茂る環境で、正にここだ!というスチュエーションです。
波の周期を見ながら慎重にリグを送り込みました。
昆布に引っ掛け、リグをナチュラルに揺らしてやるとぐぐっと重みのあるバイト。
アワセを入れると、トルクあるファイトは大型のウサギアイナメであることが容易に分かりました。

LUXXE DAIDARA B88XHのバットパワーで一気に持ち上げると、50を越えるビッグサイズが目に入りました。
してやったり!と思った瞬間、なんと無念のフックアウト...。
メチャクチャ悔しい反面、自分自身のフックサイズのセレクトにミスがあったのが分かっていたため、すぐにリグり直し、再度のアプローチを開始しました。

程なくして再度のチャンス到来!
今度も、サイズは申し分なし!
フックサイズも上げたし、ロッドパワーも問題なしと一気に抜き上げました。
サイズは48cmのメスのウサギアイナメで、ミッションクリア、メチャクチャ嬉しい1匹となりました。

151027_kano_03.jpg

今回の根室陸っぱりロケを振り返ってみると、最高のロケーションの磯が荒れてしっかり撃てなかったのが残念でしたが、最後の最後に満足いく1匹に出会えたことで全てが最高の釣行となりました。
ニューロッド「LUXXE DAIDARA」が巡り合わせてくれた出会いに感謝感謝の2日間でした。

■場所:北海道 根室

■タックルデータ
ロッド:LUXXE DAIDARA B88XH
リール:アンタレスDC7
ライン:ラピノヴァX 2号+フロロ20lb.
リグ:テキサスリグ ナツメ6号
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム 2/0
ワーム:キジハタグラブ 4.5inch

ロッド:LUXXE DAIDARA S94H
リール:ルビアス3012H
ライン:オクタノヴァ0.6号+フロロ12lb.
リグ:テキサスリグ ナツメ8号
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R #1
ワーム:アクア活カサゴ