EG-SPでイカメタルゲーム

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 8月中旬
■場所 ・・・ 京都府 経ヶ岬沖

最近流行りのイカメタルゲーム。
高級イカのケンサキイカを8号~20号(30~75g)ぐらいの鉛スッテを使ってバーチカルで狙うシンプルな釣りです。
鉛スッテだけの1本で狙うか、リーダー部分に枝糸を出してエギや浮きスッテを装着するか、の2通りが通常のシステムです。

150831_miyazaki_02.jpg

ケンサキイカといえば、何本も出たスッテ仕掛けで釣るのがオーソドックスでした。
しかし、このイカメタルゲームの方が手返しが良く、反応の出てるレンジを直撃でき、活性の高い時ほどこのイカメタルゲームでの釣果の方が伸びやすいです。
何より、潮の速さや、攻めるレンジ、イカの活性に合わせ、鉛スッテの重さや枝リーダーの長さを変えて反応見てアタリを取っていくゲーム性の高さが非常にオモシロイんです♪

僕も数年前からこのイカメタルゲームを年に数回ですが楽しんでいます。
年々ゲームが確立され、タックルに求められるファクターも高度になってきています。

150831_miyazaki_01.jpg

今回の釣行で持ち込んだのは、LUXXE EG1 S70ML。
高感度、柔らかいティップ、7Fのレングスがイカメタルにピッタリです。
デザインも繊細でカッコいいので、使う前からワクワクしますね♪

150831_miyazaki_07.jpg

船長が釣友でもある、宮津養老漁港「新幸丸」でお世話になり、いざ出船!
台風後でどことも潮が飛んでとても釣りになる状況ではなかったのですが、さすがは熟練の船長、唯一潮の緩いポイントにアンカーを打ってくれました。

150831_miyazaki_03.jpg

始めの合図直後からボトムで良型がヒット!
シェイキングからのステイで乗ってきます。
感度が非常に良いので、イカが触ったらすぐに手元に伝わります。

150831_miyazaki_04.jpg

同乗者の他のお客さんのスッテ仕掛にも乗って、開始直後にバタバタと釣れたので、今日は超爆釣か!?と思ったのですが、一旦ここでアタリが止まってしまいました。

あとはポツポツとアタるのを拾っていく釣りになりましたが、アタリが出ると直後に数回アタる→沈黙の繰り返しでした。
そのため、アタリの出るタイミングでの手返しとアタリのレンジを直撃できる攻めやすさで、スッテ仕掛の釣果とはすごく差が出ました。
細かいアタリが取れる高性能ロッドLUXXE EG1 S70MLの恩恵もあり、着実に数を伸ばすことができました!!

150831_miyazaki_05.jpg

150831_miyazaki_06.jpg

「捕る」というのも重要な事ですが、何より高感度・高性能ロッドを使うことによって何倍もゲームを楽しむことができました♪

150831_miyazaki_08.jpg

次回の釣行も非常に楽しみです!!!

■場所:京都府 経ヶ岬沖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE EG-SP S70ML
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.6号