コウナゴ着きシーバスのボートゲーム

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月上旬
■場所 ・・・ 京都府 舞鶴湾周辺

やってみたいと思いつつ、仕事や休みの都合でずーっと縁がなかった「コウナゴ着きシーバスのボートゲーム」。
やっと念願かなって行ってきました!
春の、超・スペシャル・ストロングベイト「コウナゴ」に着いたシーバスを、ボートからバーチカルのライトジギングで狙います。

「良い時に当たると大爆釣の鬼釣れ」
「フォールでガンガン当たってジグがボトムに着かない」
「コンディション抜群なのでメッチャ引きが強い」
等々の話を聞かされていたので、妄想だけが膨らんでいました♪

150528_miyazaki_01.jpg

とにかく考えうるすべてを想定して、準備を整えました。
ロッドは、ベイトのLUXXE Deck stage 斬鱸GT B66MH-Rと、スピニングのLUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RFの2セットを持ちこみました。

150528_miyazaki_04.jpg

いよいよ出船!
気持ちも高まります!
ポイントに到着して早々に同行者にヒット!
正体はハマチでしたが、早速の魚の反応でさらに期待が膨らみます♪
ガシラも混ざってヒットします!

150528_miyazaki_02.jpg

その後すぐに本命のシーバスがヒット♪
しかし、取り込み寸前にフックアウト...残念!
でも、この調子なら今日は期待が持てそう!と思ったのですが...そこからは急に反応が渋くなってしまいました。
魚探にベイトの反応が出ているものの、餌が飽和状態なのかバイトが取れません。

150528_miyazaki_03.jpg

船長も嘆く渋い中、スピニングタックルのLUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RFで軽くキャスティングして広く探ると待望のヒット!
やはり良いコンディションでグイグイ引き込みますが、LUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RFのロッドパワーで主導権を握り、がまかつ シーバスアシスト 岸壁ジギングがガッチリとフッキングしてくれたおけげで今度は無事にキャッチできました。

150528_miyazaki_05.jpg

その後も渋い状況が続きましたが、納竿寸前の最後に、船長がベイトボール発見!
ベイトタックルのLUXXE Deck stage 斬鱸GT B66MH-Rで落とし込んで巻き上げると、すぐさまヒット♪
ヒット直後から非常にパワフルなファイトでした!
LUXXE Deck stage 斬鱸GTシリーズは魚とのファイトをダイレクトに感じられて、使っていて楽しいロッドですね。
ドラグ鳴りっぱなしで、やっとこさ上がってきたのはパンパンの良型。
がまかつ シーバスアシスト 岸壁ジギングで、ガッツリとフッキングが決まっていました。

150528_miyazaki_06.jpg

これで時間となり、納竿となりました。
渋い中ではありましたが、この季節しかできないシーバスフィッシングをすることができました。
また、数は出ませんでしたが型に恵まれ、結果としては満足でした。

来年も是非チャレンジしたいです。

■場所:京都府 舞鶴湾周辺

■タックルデータ
<ベイトタックル>
ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT B66MH-R
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.6号
リーダー:フロロ4号
フック:がまかつ シーバスアシスト 岸壁ジギング #4、#6
ルアー:CZ-40ゼッタイ(プロト)

<スピニングタックル>
ロッド:LUXXE Deck stage 斬鱸GT S70MH-RF
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.6号
リーダー:フロロ4号
フック:がまかつ シーバスアシスト 岸壁ジギング #4、#6
ルアー:CZ-40ゼッタイ(プロト)