レンジスイマーで春ヒラメ

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月上旬
■場所 ・・・ 南房サーフ

磯に立つことが多かった4月でしたが、そろそろ浜のほうも気になりヒラメを狙いに行ってきました。

朝マズメは風のあたるサーフからスタート。
ベイトの接岸を意識して選んだエリアでしたが、全くベイトの気配がありません。
以前に接岸した形跡があればヒラメが居着いている可能性は高いのですが、キャストを繰り返すもノーバイト。
移動することにしました。

次に移動してきた場所は、先週釣りに来たときにベイトが最も多かったエリア。
浜辺に鳥山だらけです(汗)。
「こっちだったか―」と内心焦りながらも支度を済ませて浜を一望すると、強い離岸流付近のポイントがぽっかりと空いていました。
おそらくはアングラーが何度も入った後なのでしょう。
しかし、水位からみてもベストな状態に見えたので、このポイントからスタートしてみました。
ルアーはがまかつ レンジスイマー タイプ リバーシブル18g+シャッドテールワームのセット。
まずは流れに乗せながらステディリトリーブで狙ってみましたが、流れが速いのと、波の高低差が少し大きかったのでラインメンディングがうまくできず、ルアーが安定してスイミングしていないように感じました。
そこで、試しにリフト&フォールで誘ってみると、ロッドティップが吸い込まれるようなバイト。

150520_namekata_01.jpg

がまかつ レンジスイマー タイプ リバーシブルがヒラメの口の中にすっぽりです。
このフックは本当にいいフッキングを約束してくれます。
以前はこのようなリグの場合、ヘッド付近にアシストフックを付けることが多かったです。
しかし、がまかつ レンジスイマー タイプ リバーシブルには必要ないように思います。
状況に応じて、メインフックにがまかつトレーラフックなどを装着し、テール側からのショートバイトに対応するだけで良いように感じています。

1匹いれば、2匹目も可能性あるのがヒラメ釣り。
時間差をあけてもう一度同じアプローチをすると、ソゲサイズでしたが、これまた素晴らしいフッキング!

150520_namekata_02.jpg

納得で納竿しました。

■場所:南房サーフ

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage SURFSHOT S99M
リール:3012h
ライン:PE #1.5
リーダー:フロロカーボン5号
スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ L
ルアー:がまかつ レンジスイマー タイプ リバーシブル14g、18g+4インチシャッドテール