解氷直後の裏磐梯

鹿野 栄健 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月26日
■場所 ・・・ 裏磐梯曽原湖

日本海春ロックの予定も海況悪く断念となり、急遽裏磐梯の曽原湖に遊びに行ってきました。
高校時代からずっとお世話になっている曽原湖オートキャンプ場でオープン前の雪消しのお手伝いをした後、時間もあったのでジョンボートと借りて久々のバス釣りに出船しました。

150518_kano_03.jpg

最近の状況を聞いてみると、つい前日ようやく全面解氷だったとのことでした。
戦略はディープのジギング攻略か、体力のあるデカバス狙いのシャロー攻略が考えられましたが、借りたボートで魚探の環境もなかったので、迷わず実績のあるシャローハンプに向かいました。
帰路である西吾妻スカイバレーが夜間閉鎖となるため、私に与えられた時間は1.5時間。
バス釣りの中でもっとも自信のあるライトキャロライナの1本勝負です。

150518_kano_01.jpg

季節的には、ファーストムービングかデッドスローのいずれかが有効となります。
しかし、私が選択したキャロではデッドスローが有効と判断し、ハンプ下をサターンワーム3incジュンバグでロングステイに反応を探りました。
開始まもなく、ロッドに伝わる違和感!
すかさずアワセを入れるとドツっと止まるような重量感に思わず根掛りを疑いましたが、その後一気にドラグが滑り出し、デカバスを確信しました。
慎重にやり取りしキャッチしたのは、47cm、1,760gの見事なスモールでした。
その後も同じパターンで45UPスモールを2本追加し、46~47.5cmの計3本スモールをキャッチし、出来過ぎの釣果となりました。

150518_kano_02.jpg

今回使用したタックルは、LUXXE ATS05 S80L-SM Master "SUPER STROKE"に一広半のロングリーダーライトキャロライナです。
このロッドは、レングスによりロングリーダーでもストレスなく遠投が可能です。
また、感度も非常に良いため、分かり辛いスモールの違和感的バイトも確実に捉えることができます。
スモールマウス攻略ではなくてはならない1本ですね!

150518_kano_04.jpg

今年の裏磐梯は檜原湖・曽原湖ともにスタートから好釣果が聞こえております。
LUXXE ATS05シリーズで他のアングラーを超える釣果を手にしてみてはいかがでしょうか?

■場所:裏磐梯曽原湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S80L-SM Master "SUPER STROKE"
リール:TEAM DAIWA S 2401
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 0.6号+フロロ4lb.1.5広
リグ:キャロライナ3/16oz
フック:がまかつ ワーム322 スリムスタイル #2
ルアー:サターンワーム3inc