青物キャスティング&根魚

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月下旬
■場所 ・・・ 島根半島沖

私のホームフィールド島根半島沖で、青物キャスティングと根魚ジギングをやってきました。
毎年4月ごろになると、ヒラマサやブリなどがトッププラグに反応してくれるようになります。
今年の島根半島周辺はヒットする魚のアベレージサイズも良く、数も出ているので順調な滑り出しと言えます。
春はベイトサイズが小さいので、あまり大きくないダイビングペンシルにヒットが集中し、良く選んだようなバイトをする傾向があります。

150518_hamada_01.jpg

タックルの中でも、私が最も気を使うパーツがルアーに装着するフックです。
その良し悪しで、ストライク率に大きな差が出るといっても過言ではありません。

150518_hamada_02.jpg

今回、私が使用したがまかつ トレブルSP エクストラヘビーは太軸で強度が高く、フックポイントの鋭さも抜群です。
太いフックにありがちな貫通の悪さは全くなく、青物の口周りで貫けない場所はないと感じています。
耐久性も十分で、同じフックで数匹とトルクをかけたファイトしても性能を維持していますし、使用後に洗って管理することで長く使用できることもありがたいです。
それとマイクロバープの恩恵で、以前よりもバラが少なくなったと感じています。

150518_hamada_03.jpg

この日はキャスト開始からヒラマサや10キロ超のブリが水面を割ってくれて、十分に楽しむ事ができました。
港に帰る途中に漁礁に寄り道して、ネギョジギングを短時間楽しみました。
LUXXE Deck stage FINEACTOR B65M-Rとがまかつ アシスト鎌鼬ショートが活躍してくれて、食いが渋い中でもしっかりと釣果を出すことができました。

150518_hamada_04.jpg

■場所:島根半島沖

■タックルデータ
<根魚タックル>
ロッド:LUXXE Deck stage FINEACTOR B65M-R
リール:リョウガベイジギングC1012 HWL
ライン:LUXXE LINES LIGHT SHORE 1.0号+22LBリーダー
ルアー:メタルジグ100g
フック:がまかつ アシスト鎌鼬ショート 2/0

<青物タックル>
リール:ステラ8000H
ライン:PE4号
ルアー:ペンシル14cm~18cm
フック:がまかつ トレブルSP エクストラヘビー1/0、2/0、3/0