適材適所のロッド選び

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 3月下旬
■場所 ・・・ 兵庫県某野池

いよいよバス釣りの最盛期に入りました。
50、60アップが釣れたなどビックフィッシュ情報が飛び交う時期です。
そんな今回は少し陽射しが暖かくなったタイミングで野池に釣行してきました。

今回は久々の野池釣行です。
最近は時間ができれば琵琶湖へと釣行していましたが、野池もそろそろプリスポーンの時期。
状況把握もかねての釣行です。

150507_hanaki_01.jpg

野池釣行と琵琶湖釣行のタックルの違いはロッドの長さですが、私の場合それ以外はほとんど同じです。
操作性を考えて76から610、70に変更するといった感じです!

LUXXE ATS05シリーズはこのような豊富なラインナップから適材適所にロッドが選べるため、ポイントに合わせた選択が可能です!
まずは朝一、ビックベイトからスタート!
この時期、産卵を意識しシャローに上がってくるバスを効率良く狙えます。
が、まだ時期、水温など少し早いのかバイトはありませんでした。

150507_hanaki_02.jpg

そして、この日釣果を得られたのは春の定番、がまかつ ビッグバンブレードのスローロールでした。
コンクリートスロープの絡むブレイク沿いをスローロール!
手前3mほどのかけ上がりで、気持ち良く吸い込むバイト!
琵琶湖の魚にも負けない力強いファイトをみせ上がってきた魚は、琵琶湖の魚にも負けず劣らずの50アップでした!

150507_hanaki_03.jpg

体高も素晴らしく、小顔でまだまだ成長しそうなビックバス。
変化やストラクチャーを狙う事によってこのような素晴らしいバスが狙えます。
これだから野池はやめれません!

休日アングラーの皆さんも是非、仕事前の1時間頑張って釣行してみてはいかがでしょうか(笑)

■場所:兵庫県某野池

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"
リール:ジリオンTW1516H
ライン:GTRカモフラフロロ14lb.
ルアー:がまかつ ビッグバンブレード 3/4oz

ロッド:LUXXE ATS05 B70M CRANK MASTER"DEEP"
リール:14カルカッタコンクエスト100
ライン:アプロードGTR-HM14lb.
ルアー:がまかつ VINTER SSR-60、クランクベイト、ビックベイト