春磯デイゲーム

行方 昌人 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月中旬
■場所 ・・・ 南房総 磯

大好きな春シーズン。
いろいろとターゲットが多くて困る時期です(笑)

その中でも磯をメインとしたデイゲームは最高に楽しいです。
しかし、私のホームエリアとしている房総半島は週末となれば激戦区。
先行者の後にポイントへ入ることも多く、魚からのコンタクトを多く取るのはなかなか大変です。
また、ベイトの接岸などのタイミングに釣行できればよいのですが、週末アングラーにとっては難しいことです。

そんな状況で最近はまっているのは、浅い磯のスリットを狙う釣り方です。
一見浅すぎて釣りが厳しそうな場所でもベイトが接岸した過去があれば魚は居つく可能性が高く、攻め方を工夫すれば意外とあっさりと釣れてしまいます。

釣行日当日は風はほとんどなく、ウネリだけが残っていた状況。
沖合い50メートルほどの浅いスリットが続くポイントに入りました。
タックルは少し強引なやり取りが可能なものがよいので、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 100XHを使いました。
釣り開始は潮位がまだ高かったため、12センチのミノーからスタートしてスリットに対してクロスするようにトレースしていましたが、ノーバイト。
しばらくすると、近くでロッドを振っていた釣友がヒットしました。
駆けつけて状況を聞くと、沖目でのバイトが多いとのこと。
ヒットルアーは遠投できるシンキングペンシルでした。

そこで私も倣ってシンキングペンシルに変えて、沖のスリットをクロスするようにリトリーブしているとドスンとヒット!

150507_namekata_01.jpg

ポイントによっては水深が50センチもないエリアを50メートル近くよせるのは大変ですが、LUXXE Saltage CHEETAH-RR 100XHのパワーに助けられました。
ミノーは構造上リトリーブすると潜ってしまいますが、シンキングペンシルは巻けば巻くほど浮くルアー。
浅瀬攻略にとても活躍します。
当日は潮位変動が小さい日だったので、釣友としばらくバイトの嵐!
やっぱり春磯は楽しいですね!

150507_namekata_02.jpg

■場所:南房総 磯

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-RR 100XH
リール:キャタリナ4000
ライン:PE2号
リーダー:フロロカーボン8号
スナップ:がまかつ 音速ラウンドスナップ L
ルアー:スライドベイトヘビーワン
フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5、#4