中部河川レポート

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月18日
■場所 ・・・ 五三川

こんにちは、ラグゼスタッフの大津です。
今回も数時間だけ五三川に行き、良型のバスを狙ってきました。

前日に用意したロッドは、計7本です。
巻物用に、LUXXE ATS05 B68ML CRANK MASTER"SHALLOW"。
テキサス用に、LUXXE ATS05 B610MH MULTI MISSION"MEDIUM HEAVY"。
フッドボール用に、LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"。
ダウンショット用に、LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"。
ジグヘッドワッキー用に、LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER"AIR MOTION"。
ネコリグ用に、LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER"SLACK MOTION"。
ダウンショット用に、LUXXE ATS05 S63L-FINE MASTER"QUICK MOTION"。

釣行前日までは冷え込みが強く、当日は晴天無風のポカポカ陽気でした。
この日は午前中のみの釣行でしたので、朝一の気温は7℃と冷え込みの影響が強いと感じつつスタート。

まずはスポーニングエリア付近のストラクチャーをチェックしましたが、反応がありません。
やはり、まだ冷え込みの影響を受けているのか?と感じながら時間だけが過ぎていきました。

日も上がり始め、暖かさを感じた頃に移動。
次に狙ったポイントは、フィーディングポイントです。
この日は満水で護岸沿いにシェードができていたので、護岸ギリギリをLUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER"AIR MOTION"を使用して、1/16ozのジグヘッドワッキーをキャスト。
ボトムに着底後、ズル引きしステイを繰り返します。

150427_otsu_01.jpg

ゴロタの切れ目でステイさせた時、ラインが走りフッキング。
幸先良く、釣る事に成功しました。
バスを観察するとフィーディングに上がってきた個体だと思い、再度護岸沿いを狙います。

同リグ、同アクションでゴロタ+オダにステイさせると、ラインが走りました。
フッキングして連続で釣る事が出来ましたが、こちらの個体もフィーディングに上がってきたバスでした。

そこで、水深がある護岸沿いで所々にゴロタが入っているポイントを狙いました。
ここも同リグ、同アクションでゴロタにコンタクトした所でステイ。
バイトが無い場合はゴロタを超えた所でステイを繰り返します。

150427_otsu_02.jpg

何ヶ所目かのゴロタにコンタクトした時、ステイを入れるとラインが走りました。
フッキングして釣る事ができ、バスを観察するとスポーニングに絡んだバスでした。
自分の予想ではもう少し後かなと思っていましたが、水の中はかなり進んでいたようです。

そこですぐにポイント移動しましたが、やはり釣り日和のため、狙いたいポイントに入る事ができず、ここでストップフィッシング。
来週には本格的にスポーニングが始まると思います。
一年で最も良型のバスがシャローに上がる季節ですね。

150427_otsu_03.jpg

この日はすべてのバスをLUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER"AIR MOTION"で釣りました。
数時間の釣行でテンポ良く釣りができるベイトフィネスモデルです。
また、風が吹いても軽量ルアーを難無くキャストでき、思う様に釣りができました。

■場所:五三川

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER"AIR MOTION"
ライン:フロロ7lb.
ルアー:ジグヘッドワッキー1/16oz、スワンプJr.