釣り収めの西湖

瀧本 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月28日
■場所 ・・・ 西湖

2014年の釣り収めに、昨年12月28日に西湖に行ってきました。

この日は朝から冷え込みがきつく、西湖も端っこの方は氷が張っている状況でした。
風も結構吹いていましたので、釣りづらい状況を覚悟して挑みました。

真冬の山上湖の釣りで1番重要なのは、防寒装備です。
生半可な装備では1時間も持ちません。
今回もしっかりした防寒インナー、ミドラーを着て、アウターには冷たい風をシャットアウトしてくれるがまかつ ウィンドストッパー(R)ダウンスーツ、手にはがまかつ ウィンドストッパー(R)フィッシンググローブ(5本切・ショートタイプ)の完全防備で臨みました。

150211_takimoto_01.jpg

準備を済ませて釣りを始めると濁りが入っていたりして、よく釣れた前週と少し状況が変わっていることを感じました。
4~5メートルのミドルレンジから釣り始めたものの、何か噛みあっていないような感じがしましたので、早めにディープの釣りにシフトしました。

前週良かったエリアの10メートル以深をチェックしてみると、早速良い画像が映りました。
しかし、この日はバスの移動が速く、なかなか定位してくれなかったため釣りづらい状況が続きました。
その後、陽が昇ってから再びシャローからミドルを狙ってみたりもしたのですが反応はなく、吹き続ける冷たい風が状況をより厳しいものへと変えていきました。

最後の2時間は、もう一度ディープを狙ってみることにしました。
状況は午前中とさほど変わらずバスの数は少なかったのですが、最後の30分でようやくバスの群れがエリアに入ってきました。

150211_takimoto_02.jpg

そして残り5分となったところでよい画像が映った直後に、ようやくバイトがありました。
強烈なファイトの末にキャッチできたのは、丸々と太った年の最後を締めくくるにふさわしいクオリティーフィッシュでした!

真冬なのでバイトが少ないのは当然と言えば当然なのですが、そんな中我慢に我慢を重ね手にした1匹はハイシーズンとはまた違った感動を与えてくれるものでした。

■場所:西湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"
ライン:フロロ3lb.
ルアー:ポークのジグヘッドリグ1/20oz
ウェアー:がまかつ ウィンドストッパー(R)ダウンスーツ
グローブ:がまかつ ウィンドストッパー(R)フィッシンググローブ(5本切・ショートタイプ)