プロトロッドでトーナメント優勝!

鹿野 栄健 (東北エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月3日
■場所 ・・・ 宮城県雄勝周辺

新春早々の1月3日から行われる、石巻シーバスフリーク主催のロックフィッシュトーナメント。
1月3日のお正月真っただ中にも関わらず、年々参加者が増え、今年は40人弱の参加となりました。
一クラブ主催のトーナメントにも関わらず、参加メンバーはクラブ内外問わず、常に大会常連の敏腕揃い。
1年を占う意味でも是が非でも勝ちたい試合です。
今回はテストを重ねてきたプロトのNEWロックフィッシュロッドで参戦して参りました。

150127_kano_01.jpg

今回使用したタックルは、ロックフィッシュ用プロトロッド9フィート4インチXHのスピニングモデルと、8フィート8インチXHのベイトモデルの2機種です。
ロッドの詳しい説明はまた別の機会に行わせて頂きますが、仕上がりは非常に良く、今市場に出回っているロックフィッシュロッドとは一線を画す仕上がりとなっております。

150127_kano_02.jpg

この2本のタックルに1.5オンスのタングステンシンカーのテキサスリグを使用。
がまかつ エリートツアラー ワーム316R #1に4インチのロックマックスをセット。

150127_kano_03.jpg

当日は冷え込みも強く、またアフターも絡んでいるため、できるだけスローに長く見せる戦略を取りました。
すると、開始早々から好反応を得られ、約20本のキーパーをキャッチすることに成功しました。

150127_kano_04.jpg

今回ウェイインした魚はすべて40cm弱。
アフターということもあり優勝は難しいと思っていたものの、条件は周りも皆同じということもあり念願の優勝を手にすることができました。
そして、今回事前にプラをしてくれていた石巻の中村さんも3位入賞と非常に嬉しい結果となりました。

150127_kano_05.jpg

今回の勝因はまさにプロトのNEWロッドです。
今回入ったエリアは手前にブレイクが存在し、そのブレイクを超すため一気に魚を浮かせなければいけませんでした。
今回のロングモデルは、通常のロングロッドの弱点となる「曲がり」を極限まで抑え、スピニングモデルでも根越しに魚を浮かせて引きずり出すパワーと操作性を併せ持った仕上がりとなっております。
人より多くのバイトを導き、人より多くのキャッチへと誘うNEWロッド、ご期待ください!!

■場所:宮城県雄勝周辺

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ロックフィッシュ用プロト S94XH
リール:ルビアス3012H
ライン:オクタノヴァX0.8号+フロロ16lb.
リグ:テキサスリグ タングステン1.5oz
フック:がまかつ エリートツアラー ワーム316R #1
ルアー:ロックマックス4inc

ロッド:LUXXE ロックフィッシュ用プロト B88XH
リール:アンタレスDC7LV
ライン:ラピノヴァX 2.0号+フロロ20lb.
リグ:テキサスリグ1oz
フック:がまかつ エリートツアラー ワーム316R #1
ルアー:ロックマックス4inc